2007/03/01

私たち福音館書店はこんな出版社です

Fukuinkan_image_s 1956年、私たちは「こどものとも」を世に送り出しました。毎号一つの物語に一人の画家が全場面をとおして絵をつける、ペーパーバック版の月刊物語絵本です。私たちは、何よりも絵本は「子どもに読ませる本ではなく、大人が読んであげる本」だと考えました。「大人がくりかえし読んであげることで、はじめて子どもたちは絵本の世界をたっぷりと楽しむことができ、心を豊かに育てることができる」と考えたからです。

 そのために一番ふさわしい絵本は、著者や画家が子どもたちのために全力を注いでつくる「大人も子どももいっしょに感動できるすぐれた絵本」です。この考え方は、ずっと一貫した私たちの基本姿勢となっています。

 以来50年以上の間に、今もたくさんの子どもたちに親しまれている『ぐりとぐら』『はじめてのおつかい』などの創作絵本や、『いやいやえん』『魔女の宅急便』といった創作童話を刊行し、さらに『ピーターラビットの絵本』や『エルマーのぼうけん』など海外の秀作も日本に紹介してきました。近ごろでは、「私の好きだった絵本を、こんどは子どもに読んでいます」というお便りもたくさんいただいています。子どもたちの心の中に末永く生き続けていくような絵本や読み物を、これからも変わらずにお届けしたい、私たちはそう思っています。

3月 1, 2007 このブログについて | | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/16

「福音館子どもの本ブログ」について

 絵本・童話でおなじみの福音館書店が、新しくこのブログを立ちあげることになりました。子どもの本の専門出版社として50数年の活動の中から生み出されたたくさんの絵本、童話や科学の本、そして月刊誌のこと、またこれから作ろうとしている本のことなど、読者の皆様にぜひお伝えしたいさまざまな話題を掲載していきたいと考えています。

 私どもがお送りするブログとしては、すでに「こどものとも50周年記念ブログ」というものがあります。これは、『ぐりとぐら』や『はじめてのおつかい』を生みだした月刊物語絵本「こどものとも」が、20063月に創刊50年を迎えたのを記念して、その50年の歴史にまつわるエッセイや、全バックナンバーの紹介などを、20056月から20066月にかけて毎週1年分ずつ掲載していったものです。

 この「こどものとも50周年記念ブログ」も、こちらのブログに移転する予定です。引っ越しの作業に少し時間がかかりますが、5月の終わりごろまでには全部まとめてこちらに移転することになります。それまでの間にも、こちらの新ブログの方で「こどものとも50周年」関連の新しい話題を掲載していきますので、しばらくの間はこの2つのブログを合わせてご覧ください。

 また、4月からはさらに、お母さんお父さん向けの月刊誌「母の友」のブログも、こちらでスタートする予定です。

 どうぞご期待ください。

Worksp_fukuinkan011 福音館書店のホームページ

ぐりとぐら、ピーターラビット、エルマーのぼうけん、魔女の宅急便など、長く愛されているキャラクターの特集ページ「みんなのにんきもの」や、壁紙をダウンロードできる 「プレゼント」コーナーがあります。

Worksp_fukuinkan021こどものとも50周年記念ブログ

月刊物語絵本「こどものとも」と「こどものとも年中向き」の特集ブログです1956年4月の創刊号から今日にいたるまでの歴史を、1号づつご紹介しています。

2月 16, 2007 このブログについて | | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/06/16

このブログについて

 このウェブサイトは、日記形式の簡易ホームページ「ブログ」で作られています。ですから、ブログのホームページをお持ちの方は、「トラックバック」を送ることで、簡単に相互リンクを張っていただくことができます。
 また、ブログのホームページをお持ちでない方も、どなたでも各ページにコメントをお寄せいただくことができます。
 そこで皆様には、「こどものとも」の思い出や感想などを、どんどん送っていただきたいと思います。ただし、自由に書き込めるといっても、他人の迷惑になることや、本文に関係ないことについてのコメントやトラックバックは、掲載を削除させていただくことがありますので、ご承知おきください。

6月 16, 2005 このブログについて | | コメント (0) | トラックバック (1)

こどものとも50周年記念ブログ

 『ぐりとぐら』や『はじめてのおつかい』を生みだした月刊物語絵本「こどものとも」は、たくさんの人々に支えられて、2006年3月号で、600号、創刊50周年を迎えることになります。
 このサイトでは、その創刊号からすべてのバックナンバーを、毎週1年分ずつ年代を追って紹介します。またその当時のことを知る人に書いていただいたエッセイなどの記事も毎週掲載し、「こどものとも」の歩みをたっぷりご覧いただきたいと思います。
 皆様も「こどものとも」の思い出や感想をぜひお寄せください。
 (コメント、トラックバックは各ページからどうぞ。詳しくは「このブログについて」をご覧ください。)

6月 16, 2005 このブログについて | | コメント (14) | トラックバック (24)