2006/06/30

ねぼすけスーザのはるまつり

2005年4月号
10432

広野多珂子 作

スーザは今年初めて春祭りに参加します。マリアおばさんといっしょに街にいって、ドレスにする赤い布を買ってもらいました。おばさんがドレスを縫ってくれるのを楽しみにしているあいだ、近所の人たちもみんなお祭りの準備で楽しそうです。やがて出来上がったドレスを着て、スーザは大喜び。ところが、それに合う靴がありません……。「ねぼすけスーザ」シリーズの6作目です。

こどものとも589号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 「こどものとも」バックナンバー2005年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

おひさまはともだち

2005年5月号
10457

正高もとこ さく

イヌのカンタは、どこにいても照らしてくれるお日さまを、自分だけの友だちと思っていました。ところがある日、カンタが散歩をしていると、ネコとウサギも「お日さまは俺の友だち」「ちがうよ、私の友だち」といいます。次の日は曇り空、お日さまは見えません。3匹は、お日さまを探すことにしました。地面の穴や木の上など探していくと、池の中でキラキラしているのを見つけました……。

こどものとも590号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 「こどものとも」バックナンバー2005年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ななちゃんの たんじょうび

2005年6月号
10485

あおやぎひろ江 さく おちあいよしえ え

今日はななちゃんの誕生日。酪農家であるおうちは、朝から牛のお産でてんてこまい。お母さんも誕生日の準備どころではありません。ケーキの用意もできていないのに、お友達がやってきてしまいます。どうなるのか不安で一杯のななちゃん。そんな中、おばあちゃんは、みんなで裏山に笹を採りにいくことにしました。採ってきた笹で餅米をつつんでゆでると、すてきなごちそうが……。

こどものとも591号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 「こどものとも」バックナンバー2005年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

モクレンおじさん

2005年7月号
10589

田島征三 作 酒井 敦 写真

地面に落ちたモクレンの実が集まって、モクレンおじさんが生まれました。散歩に出かけたおじさんが歌を歌うと、歌は赤い実の並ぶ音符になり、その実が集まって子イヌが生まれました。おじさんと子イヌは海辺に出かけて遊びましたが、子イヌが波にさらわれ、おじさんは涙を流して嘆きます。涙は鳥になり、子イヌは魚になったと教えてくれます。『ガオ』に続く、変幻自在な木の実の物語。

こどものとも592号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 「こどものとも」バックナンバー2005年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

どんぐりえんおばけ

2005年8月号
10614

こさかまさみ 作 さとうあや 絵

「どんぐりえん」に住んでいるおばけのクリリン。いつも子どもたちと一緒に遊んでいるのですが、だれも気づいてくれません。ところがももこ先生がお休みの日、すかさずクリリンはももこ先生に姿を変え、子どもたちとかくれんぼをして遊んだり、大張り切り。ところが本物のももこ先生がやってきて、大あわて……。ゆかいなおばけの楽しいお話です。

こどものとも593号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 「こどものとも」バックナンバー2005年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆりとかいがら

2005年9月号
10682

松居スーザン 作 川上越子 絵

ゆりは、ねこのジョージといっしょに海辺で砂のお城を作りました。きれいな石や色ガラスのかけら、海草も拾ってきて、お城の広間をかざりました。すると2匹のカニがやってきて、この広間が気に入り、そこで結婚式をすることになりました。やどかりが神父様になり、ふなむしや青い鳥もやってきてお祝いします。やがて波が打ち寄せると……。砂浜に繰り広げられる小さな美しいお話です。

こどものとも594号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 「こどものとも」バックナンバー2005年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒコリ ふねにのる

2005年10月号
10740

いまきみち 作

海の近くに住むヒコリは、ある日おじさんの船に乗せてもらい、初めての船の旅に出かけました。魚を釣りながらおじさんがいいます。「手をつないで次から次へと、やってくるものなーんだ」ヒコリは「波」と答えます。星を見たり、ペンギンや鯨を見たり、嵐に会ったりしながら、遠い海までひとめぐり。「なぞなぞ」をしながらお母さんの待つ港へ帰ります。刺繍で描かれた美しい絵本です。

こどものとも595号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 「こどものとも」バックナンバー2005年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ぽととんもりのゆうびんきょく

2005年11月号
10826

杉本深由起 さく 白石久美子 え

森のはずれに小さな郵便局がありました。毎日郵便物を集めてくるのはクマの局長さん。配達するのは小鳥たちです。ある日、局長さんは森の中で見慣れないポストがあるのに気がつきました。不思議に思って見ていると、なんとポストが動きはじめたではありませんか。誰かから手紙がほしかったタヌキのぼうやが化けていたのです。優しいクマの局長さんと、タヌキのぼうやの心温まる物語です。

こどものとも596号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 「こどものとも」バックナンバー2005年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

たんたん たんてい

2005年12月号
10894

石川ミツ子 作 二俣英五郎 絵

「こどもえん」でお迎えを待っていた、あきらとけんたは、ふたりで探偵ごっこをして遊んでいました。そこにちょうど大きな袋を背負ったあやしい人影が園の建物に入ってくるではありませんか。人影は大きな袋を「おもちゃべや」に置きました。ふたりは勇気をだしてその大きな袋をつかむと、袋はゆらゆらゆれまがらふたりに向かってきたのです……。

こどものとも597号
26×19cm 28ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 「こどものとも」バックナンバー2005年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ぺこぺこライオン

2006年1月号
10993

きむらよしお さく

草原の朝。ライオンが目を覚まします。ラクダも目覚めます。ライオンは、ラクダを捕まえようと追いかけます。ラクダは驚いて逃げます。ライオンのスピードがゆるむとラクダもスピードをゆるめ、ライオンがスピードを上げるとラクダもスピードを上げて……。追うものと追われるもの、その緊張関係を描く果てしない物語を、ちょっとユーモラスに描いた絵本です。

こどものとも598号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 「こどものとも」バックナンバー2005年 | | コメント (0) | トラックバック (1)

もりのスケート

2006年2月号
11027

菊池日出夫 さく

ひでちゃんは、ごろちゃんたちと連れだって森の中の池へスケートにいきました。そこには池の氷に穴をあけてワカサギ釣りをしているおじいさんがいました。鬼ごっこをして遊んでいましたが、ごろちゃんが勢いあまって、ワカサギ釣りの穴に足を突っこんで足をぬらしてしまいました。するとおじいさんは、すわっていた椅子のふたをあけてコンロにすると……。「のらっこの絵本」最新作。

こどものとも599号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 「こどものとも」バックナンバー2005年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

いろ いきてる!

2006年3月号
11112

谷川俊太郎 作 元永定正 絵

真っ赤な色が画面いっぱいに流れています。「あ、いろ、いきてる」それから色は、次々に変化して、怒ったり、泣いたり、おしくらまんじゅうをしたり、飛び散ったり、集まったり、消えそうになったり……絵本の中いっぱいに形を変え、色を変えて動きまわります。いつも斬新な絵本をつくってきた、谷川俊太郎さんと元永定正さんによる「こどものとも」600号です。

こどものとも600号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 「こどものとも」バックナンバー2005年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/23

ぞうくんの あめふりさんぽ

2004年4月号
10208

なかのひろたか さく・え

今日はあめふり。それでもぞうくんはごきげんで散歩に出かけます。出会ったかばくんは池の中を散歩しようというのですが、ぞうくんは泳げません。そこでぞうくんはかばくんの背中にのって散歩します。池はだんだん深くなり、こんどはわにくんが2ひきをのせてくれました。もっと深くなると、かめくんがみんなをのせてくれますが……。大人気作『ぞうくんのさんぽ』の36年ぶりの続編です。

こどものとも577号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

この絵本は「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されています。(2006年刊)

6月 23, 2006 「こどものとも」バックナンバー2004年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

くさはらのはら しぶゆきさんよん

2004年5月号
10226

池谷陽子 さく・え

お母さんがごはんの支度でいそがしいので、まあちゃんは一人でテーブルの下で遊んでいました。「くさはらのはらしぶゆきさんよん」と歌っていると、「まあちゃんあそぼ」とネコやニワトリ、イヌにウシまでやってきます。いっせいに「くさはらのはらしぶゆきさんよん」と唱えたとたん、あたりは草原になり、みんなで、思い切りかけっこをします。やがていいにおいがしてくると……。

こどものとも578号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 23, 2006 「こどものとも」バックナンバー2004年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

なこちゃんとカータロウ

2004年6月号
10248

安江リエ 作 織茂恭子 絵

ひとりで公園に遊びにいったなこちゃんは、すべり台をすべっているカラスのカータロウに会います。いっしょにすべり台で背中すべりをしたり、鉄棒にぶらさがって逆さ言葉ごっこをしたり。なんでも上手なカータロウでしたが、ブランコはつかまるところがないから苦手。でもなこちゃんの足にはさんでもらってブランコもできて、大満足。ふたりは春の日の風に吹かれて楽しく遊びました。

こどものとも579号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 23, 2006 「こどものとも」バックナンバー2004年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

みずくさむらとみずべむら

2004年7月号
10272

カズコ・G・ストーン さく

ほたる池の中にある「みずくさむら」には、アメンボの家族やミズスマシ、ゲンゴロウ、タイコウチ、マツモムシたちが住んでいます。ある日、大雨が降って池の水があふれ、みんなは池の外に流されて泥の中で動けなくなってしまいました。そこで「みずべむら」のトンボたちが、アメンボたちがつかまっている草を空中へ引き上げようとしますが……。やなぎむらの隣村のお話第3弾です。

こどものとも580号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 23, 2006 「こどものとも」バックナンバー2004年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

カールくんのおまつり

2004年8月号
10289

油野誠一 さく

カッパのカールくんは、街で友だちになったヒカルくんからお祭りに招待されました。川を泳いで街までいったカールくんは、ヒカルくんといっしょにお宮にでかけ、出店でいちごあめを食べたりして、お祭りを満喫します。お神輿が来ると人がごった返し、大騒ぎ。そのうち屋根の鳳凰が電柱にぶつかって、川の中に落ちてしまいました。そこでカールくんは、こっそり大活躍……。

こどものとも581号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 23, 2006 「こどものとも」バックナンバー2004年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

わたしは せいか・ガブリエラ

2004号9月号
10308

東郷聖美 さく・え

わたしは、せいか・ガブリエラという名前の5歳の女の子。お父さんはボリビア人、お母さんは日本人。ボリビアと日本の2つの国で暮らしたので、両方のことを知っています。「こんにちは」は“HOLA”、お父さんはおいしいサルテーニャを作ってくれるし、お母さんはおいしいおにぎりを作ってくれる。動物、木、買い物の仕方など、2つの国のことが日本語とスペイン語の両方で書かれています。

こどものとも582号
26×19cm 28ページ 定価410円(本体390円)

6月 23, 2006 「こどものとも」バックナンバー2004年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

クロウのともだち

2004年10月号
10318

谷川晃一 さく

ワタリガラスのクロウは、民芸品屋の木彫りのコガモのピピと仲良しです。クロウは「コヨーテがシカを追いかけていたよ」とか「村の人たちがお祭りのダンスの練習をしているよ」とか、いつもその日に見たことを、ピピにお話してあげていました。ところがある日、ピピは観光客に買われていってしまいます。クロウは必死で追いかけ、ホテルの窓にとびこむと、やっとのことで……。

こどものとも583号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 23, 2006 「こどものとも」バックナンバー2004年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

わたしがおひさまだったら

2004年11月号
10334

片山 健 さく

わたしがおひさまだったら、朝にはみんなに「おはよう」といって、鳥を目覚めさせ、昼には「こんにちは」といって、野菜や果物が大きく甘くなるのを応援し、洗濯物を乾かす手伝いをするよ。子どもたちと一緒にいっぱい遊び、笑い、そして夕方は「さよなら」「あそたもあそぼうね」と、手をふるよ。力強くあたたかな油絵で、女の子の視点から太陽の恵みを謳いあげます。

こどものとも584号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 23, 2006 「こどものとも」バックナンバー2004年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ほかほかパン

2004年12月号
10361

スズキ コージ さく

はなめんちゃんはお母さんに「ほかほかパン」を買ってくるように頼まれて出かけますが、どこに売っているのかわかりません。途中、イボガラスさんがつれていってくれたのは花屋さん。タテウシさんがつれていってくれたのは本屋さん。でもとうとうパン屋さんを見つけました。意外なところに「ほかほかパン」が!…… 写真撮りした粘土のオブジェをコラージュした愉快な絵本です。

こどものとも585号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 23, 2006 「こどものとも」バックナンバー2004年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

たんじょうびの まえのひに

2005年1月号
103711

かるべめぐみ さく

誕生日の前の日、まきちゃんは招待状をもってお隣のディエゴおばさんの家に遊びにいきました。まきちゃんがネコのディエゴの絵を描いたり、なわとびをして遊んでいると、おばさんは何度も「ちょっとききたいことがあるの」と呼び、模様のある布やリボンやボタンを選ばせました……。さて、次の日の誕生日に、まきちゃんがおばさんから贈られたものはなんだったでしょう?

こどものとも586号
26×19cm 28ページ 定価410円(本体390円)

6月 23, 2006 「こどものとも」バックナンバー2004年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

カラスとカモメ

2005年2月号
10390

アラスカ・クリンギット族の昔話より 二川英一 さく・え

欲張りなカモメが太陽をひとりじめにしたので、世界はまっくらになり、動物たちは困ってしまいました。そこで賢いカラスが、カモメから太陽を奪い返そうと、海の底のカモメの家を訪ねます。ウニにもらったとげをカモメにふませ、とげをぬいてやるといって、言葉巧みに、太陽を隠してある箱のふたを開けさせると……。木版画のくっきりとしたコントラストが、光と闇を際だたせます。

こどものとも587号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 23, 2006 「こどものとも」バックナンバー2004年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

いのなかの かわず たいかいを しらず

2005年3月号
10411

田中秀幸 さく

「『井の中の蛙 大海を知らず』とは君たちのことだな」と、スズメにバカにされたカエルの子どもたち。海を見たことがない子どもたちのために、カエルの家族は海にいくことにしました。行く先々で出会うさまざまな出来事を、カエルのお父さんはみんな、ことわざを使って説明してくれます。口に出して読むのが楽しくなってしまう、ほのぼのとした「ことわざ絵本」です。

こどものとも588号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 23, 2006 「こどものとも」バックナンバー2004年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/16

しあわせを もってきた シャベル

2003年4月号
30565

松野正子 さく 太田大八 え

トムは、お父さんの遺してくれた鉄のシャベルを1本だけかついで、旅に出ました。ぬかるみにはまった荷車を助けたり、固い土を耕している女の人を手伝ったりして、シャベルで人助けしながら、旅を続けていきました。ある夕方、一夜の宿を借りに立ち寄った家で、病気の母親と娘が、ヤギを襲うオオカミに悩まされているのを知ると、さっそくシャベルで大きな落とし穴を掘り……。

こどものとも565号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 16, 2006 「こどものとも」バックナンバー2003年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

まじょの ふるどうぐや

2003年5月号
06203

佐々木マキ 作

女の子と犬が森へ遊びに行くと、古ぼけた古道具屋がありました。誰もいないお店の中は、ほこりをかぶったきたない古道具ばかり。女の子が古道具をきれいにふいていくと、古道具たちはくまやぶたの姿にもどります。魔女の魔法で、動物たちが古道具にされてしまっていたのです。みんなは急いで逃げ出そうとしますが、そこへ魔女が帰ってきて……。大人気、まじょのシリーズの3作目です。

こどものとも566号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 16, 2006 「こどものとも」バックナンバー2003年 | | コメント (0) | トラックバック (1)

ばらのことり

2003年6月号
10004

よこみち けいこ さく

亡くなったお母さんが好きだったバラの花を庭で摘んでいると、花の中で小鳥の雛が雨にぬれてふるえていました。ふうこは、お父さんといっしょにその小鳥の世話をします。温めたり、虫を食べさせたり……。次の日、保育園から帰ると、小鳥を入れておいたダンボールが空になっていました。小鳥は飛べるようになったのです。福音館書店創立50周年記念で一般から募集した作品の入選作です。

こどものとも567号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 16, 2006 「こどものとも」バックナンバー2003年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

おとのさま

2003年7月号
10067

ただよしひと さく

昔、散歩の好きなおとのさまがいました。今日もいつものように散歩に出かけましたが、野菜を運ぶのに老いぼれ馬しかなくて困っている村人に出会うと、自分のりりしい馬と取り替えてやり、祝言なのにぼろの着物しかなくて困っている家族に出会うと、すてきな着物と交換してやります。その度に「わしはりっぱなおとのさま……」と歌いながら……。福音館書店創立50周年記念募集作品の入選作です。

こどものとも568号
26×19cm 28ページ 定価410円(本体390円)

6月 16, 2006 「こどものとも」バックナンバー2003年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

たろうめいじんのたからもの

2003年8月号
10080

こいでやすこ さく

キツネのきっこが、イタチのちいとにいのところに水遊びにいくと、2人はきれいな緑色の石を持っています。その石はたろう名人の宝物で、上手に泳げるようになるともらえるのです。きっこは、泳ぎを教えてもらうためにイタチの兄弟に案内されて、たろう名人を探しにいきました。雨が降り出すとどろんこ池の底から大ナマズのたろう名人が現れて……。キツネのきっこのシリーズの4作目。

こどものとも569号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 16, 2006 「こどものとも」バックナンバー2003年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

オレンジいろのビーチサンダル

2003年9月号
10089

市川宣子 作 菅野由貴子 絵

お姉さんと海岸の花火大会に出かけたゆうちゃんは、人混みの中で脱げてしまった片方のビーチサンダルに、小さな男の子がのっているのを見つけました。男の子が手を広げると花火のように火花が飛び散ります。男の子はゆうちゃんに、次々に小さな花火の花をたくさん咲かせて見せてくれました。その子は空から落ちてきた雷の子だったのです。やがてお兄ちゃんの雷が迎えにくると……。

こどものとも570号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 16, 2006 「こどものとも」バックナンバー2003年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

あんなところに

2003年10月号
10106

井上洋介 さく

観覧車の下を見れば「あんなところにまわすひと」がいて手で一生懸命回しています。電線の上には「あんなところにコマまわる」、音楽会のバイオリニストの弓の先には「あんなところにミンミンゼミ」がいたり、高速道路の渋滞の先頭には「あんなところにオオカタツムリ」……。街の中にふしぎなものがいっぱい、奇想天外な井上洋介ワールドが広がっています。

こどものとも571号
26×19cm 28ページ 定価410円(本体390円)

6月 16, 2006 「こどものとも」バックナンバー2003年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

もっとおおきな たいほうを

2003年11月号
10126

二見正直 作

王様は代々伝わるご自慢の大砲をもっていて、撃ちたくてしかたありませんでした。ある日、キツネが川で魚を勝手にとっているというので、大砲を撃って追い払いました。するとキツネは次にもっと大きな大砲をもってきました。驚いた王様はそれより大きな大砲をつくらせますが、キツネは次々もっともっと大きな大砲を持ってきます。王様とキツネの大砲比べはエスカレートしていきますが……。

こどものとも572号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 16, 2006 「こどものとも」バックナンバー2003年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

おばあさんのうちへ

2003年12月号
10146

こみねゆら さく

メイは、おばあさんにセーターを編んでもらおうと、赤、茶色、水色、ピンクの4つの毛糸玉を持って、おばあさんの家にむかいました。途中で、いっしょにきたネコのミーが毛糸玉を転がしてしまい、リスが拾って自分の家にもっていったので、メイはそれをリスにあげることにしました。次に茶色はモグラに、水色はカヤネズミに、それぞれあげてしまいました。残った毛糸はピンクだけ……。

こどものとも573号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 16, 2006 「こどものとも」バックナンバー2003年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

かえるをのんだ ととさん

2004年1月号
10159

日本の昔話 日野十成 再話 斎藤隆夫 絵

腹の痛くなったととさんは、かかさんに相談すると「お寺の和尚さまに聞くのがいい」といわれたので、和尚さまに聞きにいきました。すると和尚さんは、腹の中に虫がいるせいだからカエルをのむといいといわれ、カエルをのむと腹の具合はよくなりました。でもカエルが腹の中を歩いて、気持ちが悪い。そこで次はヘビをのみ、次はキジ、猟師、鬼と次々にのみこんだととさん、最後には……。

こどものとも574号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 16, 2006 「こどものとも」バックナンバー2003年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

さかだちぎつね

2004年2月号
10171

槇ひろし 作 前川欣三 画

たけしがおつかいの帰りに出会ったキツネは、なぜか逆立ちをしてすましていました。たけしはその後もたびたび、さかだちギツネを見かけます。遠足の日、ついにさかだちギツネの村を見つけたたけしですが、きつねの呪文の力で、まわりのものをみんなさかさにされてしまい……。言葉も絵もひっくり返り、ついには本までさかさにして読まなければならない、ふしぎな絵本です。

こどものとも575号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 16, 2006 「こどものとも」バックナンバー2003年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

まゆとりゅう  やまんばのむすめ まゆのおはなし

2004年3月号
10186

富安陽子 文 降矢なな 絵

春になって隣の山のてっぺんに一筋の黒い地面が顔を覗かせると、背高のっぽの山姥と、山姥の娘まゆは、お客さまを迎える準備を始めました。やがて黒雲を引き連れてやってきたのは、巨大な竜と小さな竜の子ども。山姥の母子はそれぞれ竜の背に乗って、山々に雨をふらせ、雪を溶かし、春を呼びます。絵本いっぱいにダイナミックな季節の変わり目が描かれます。山姥の娘まゆのお話、第3作。

こどものとも576号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 16, 2006 「こどものとも」バックナンバー2003年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

エレーナのインコ

2004年3月号
10185

直江みちる さく 今井 俊 え

エレーナのかあさんは人形作りです。市が開かれる日、かあさんが人形を売るのを手伝いにいったエレーナは、鳥売りのおじさんからインコの雛をもらいました。ペロンと名付けたインコをエレーナは大切に育てました。ところがある日、ペロンは雨に打たれて死んでしまいます。悲しみに沈むエレーナにかあさんが土をくれました。その土でエレーナはペロンの人形を作りました……。

こどものとも年中向き216号
19×26cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

6月 16, 2006 「こどものとも」バックナンバー2003年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/09

くもりのちはれ せんたくかあちゃん

2002年4月号
030553

さとうわきこ さく・え

洗濯が大好きな、せんたくかあちゃん。でも今日は、どんより曇って雨が降ってきそうです。そこで考えたかあちゃんは、大凧を上げて雲の上に洗濯物を干していきました。それを見たかみなりさんたちは大喜び。自分たちも洗って干してもらい、洗濯物と一緒にゆらりゆらり風にふかれていましたが、乾きすぎてごわごわになってしまいました。そこでこんどはみんなでお風呂に……。

こどものとも553号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

この絵本はまもなく「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されます。(6月14日販売開始)

6月 9, 2006 「こどものとも」バックナンバー2002年 | | コメント (1) | トラックバック (0)

トイレとっきゅう

2002年5月号
030554

織茂恭子 さく

夜中に起きて、ねぼけまなこでおしっこをしようとしたら、トイレがお菓子をいっぱい持って遠足にいってしまいました。どうしよう、男の子はトイレを駅まで追いかけますが、トイレは「トイレえんそくごう」にのって、出発してしまいます。そのあとの「トイレとっきゅう」にのって 「しっこがわ」駅でおりて、やっと気持ちよくおしっこができた、という愉快な絵本。

こどものとも554号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念出版「こどものともセレクション」の1冊として刊行されています。

6月 9, 2006 「こどものとも」バックナンバー2002年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

みずたまり

2002年6月号
030555

なかのひろたか さく・え

ぼくが部屋で遊んでいると、雨が降ってきて水たまりができ、池になりました。雨がやむと、そこから魚が跳ね、ペンギンがとびだし、オットセイとカメも出てきて、ならんで歩き出しました。ついていくと、森の中で動物たちは水の中みたいに空中を泳ぎはじめます。ぼくもカメの背中に乗って、ふわりと浮かび上がり、上へ上へとあがっていくと、魚もクジラもみんな空を泳いで雲の中へ……。

こどものとも555号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 9, 2006 「こどものとも」バックナンバー2002年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

しのだけむらのやぶがっこう

2002年7月号
030556

カズコ・G・ストーン さく

しのだけむらでは、夏になるとカとガのために学校が開かれます。ナナフシのノッポさんが細い竹を組み合わせて校舎を作り、オケラのギーさんが校長です。カはプゥーンといい音を出してとぶ練習、ガはパタパタとびの練習。でも、カのプンタ君とガのパタコさんはうまくできません。さて、七夕まつりの日、しげみむらややなぎむらからもたくさんの虫が集まって、飾りつけをしていると……。

こどものとも556号
19×26m 32ページ 定価410円(本体390円)

この絵本はまもなく「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されています。

6月 9, 2006 「こどものとも」バックナンバー2002年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

カッパのカールくん

2002年8月号
030557

油野誠一 作

この水はどこにながれていくんだろう? 山奥の沼に住むカッパのカールくんは、ある日、川の流れにのってずっと下っていくことにしました。岩をすりぬけ、滝をとびおり、途中で釣り人に魚のいる場所を教えたり、子どもたちと一緒に泳ごうとして逃げ出されたり、初めてみる人間の世界に戸惑いながらも、海まで行き着きました。そこで海におちた子どもを助けましたが……。

こどものとも557号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 9, 2006 「こどものとも」バックナンバー2002年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ちいさな あおいさかな

2002年9月号
030558

松居スーザン 文 原田ミナミ 絵

小さな青い魚は、ウツボがこわくて、いつもびくびくしながら海草の陰に隠れて暮らしていました。でも、ある時大きくて立派な緑色の魚に誘われて、広い海に散歩にいきました。それから毎日、ふたりで海を楽しく泳ぎまわりますが、ある時緑色の魚が姿を見せなくなりました。……そしてある日、自分を見つめている小さな銀色の魚にきづいた青い魚は、一緒に広い海へ行こう、と誘います……。

こどものとも558号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 9, 2006 「こどものとも」バックナンバー2002年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

はがぬけたよ

2002年10月号
030559

安江リエ 作 山口マオ 絵

こうじがぐらぐらになった歯をさわっていると、お父さんは、玄関のドアノッカーのライオンのわっかと歯を糸でむすんで、ドアをばたんとしめると抜けるといいます。そんなのいやだと外にとびだしたこうじは、ワニやネズミに出会いますが、みんなライオンに歯を抜いてもらってすっきりしたといいます。そこにライオンがやってきたので、こうじは大急ぎで家に逃げ帰りますが……。 

こどものとも559号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 9, 2006 「こどものとも」バックナンバー2002年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

こかげにごろり

2002年11月号
030560

韓国・朝鮮の昔話 金森襄作 再話 チョン・スクヒャン 画

ある日、山里の村で百姓が広場の木陰で休もうとすると、欲張りな地主が「木陰を買い取ってから入れ」といいました。しかたなく百姓たちは、家畜や作物などをかき集めて、木陰を買い取りました。百姓たちは日ごとに長くなる木陰で、ごろりとひとやすみしていましたが、秋の先祖供養の祭りの日の夕方、百姓たちは木陰を追って地主の家の中まで入りこみ、ごちそうまで食べてしまい……。

こどものとも560号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念企画「こどものとも世界昔ばなしの旅II」の1冊として刊行されています。(2005年刊)

6月 9, 2006 「こどものとも」バックナンバー2002年 | | コメント (0) | トラックバック (1)

さんにんの ピエロ

2002年12月号
030561

マリオ・モンテネグロ 作・絵 福音館書店編集部 編・訳

お客さんがこなくなってしまったサーカス一座のピエロ3人が、新しい出し物を求めて、おんぼろ車で旅に出ました。小さな生き物の喜びをうたうパセリの精、すばらしいジャンプをしてお月様にキスをするカエル、美しい虹を出す魔術師などに出会って、3人は自分たちの芸を磨きます。村へ帰っての初めてのサーカス。人間も動物もみんなそろって拍手喝采。ニカラグアの作家の絵本、第2弾。

こどものとも561号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 9, 2006 「こどものとも」バックナンバー2002年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

月 人 石

2003年1月号
030562

乾 千恵 書 谷川俊太郎 文 川島敏生 写真

太い筆で力強く書かれた13点の書が、ページをくるたびに現われます。扉、猫、風、音、命、影、水、石、火、山、蟻、月、人。最初の見開きは、左に「扉」の書、右に木製の小さなくぐり戸の写真、そして「こころの とびらを あけてごらん」と語りかけることば。単なる意味を伝えるだけの文字とは違う「書」の魅力を、ことば、写真との組合せで子どもたちに伝えるユニークな絵本です。

こどものとも562号
19×26cm 28ページ 定価410円(本体390円)

この絵本は「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されています。(2005年刊)

6月 9, 2006 「こどものとも」バックナンバー2002年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

くものすおやぶん とりものちょう

2003年2月号
030563

秋山あゆ子 さく

春爛漫の虫の町、桜の花もまっ盛り。そんな賑わう町の中、お菓子のお店ありがた屋に、かくればねという盗人から、盗みの予告状が届きます。くものすおやぶんは子分のぴょんきちとともにかくればねを待ち受けますが、現われたのはなんと、姿の見えない盗人だった……。七五調の文章が心地よく物語を進め、江戸時代を思わせる町並みを細かく描いた絵が美しい、時代劇絵本です。

こどものとも563号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

この絵本は「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されています。(2005年刊)

6月 9, 2006 「こどものとも」バックナンバー2002年 | | コメント (1) | トラックバック (0)

だるまちゃんとてんじんちゃん

2003年3月号
030564

加古里子 さく

だるまちゃんが池で大きな魚をなかなか釣り上げられずにいると、3人の天神ちゃんがきて手伝ってくれました。糸が切れ魚には逃げられてしまいましたが、こんどはてんぐちゃんが、天神ちゃんの家に手伝いにいくことにしました。家に着くと天神ちゃんたちは、薪を片づけたり牛に草をやったりしたあと、ご飯を炊きお握りをつくって、畑の両親に届けます。だるまちゃんシリーズ第6作目です。

こどものとも564号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

この絵本は「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されています。

6月 9, 2006 「こどものとも」バックナンバー2002年 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/02

トラのナガシッポ

2001年4月号
30541

富安陽子 作 あべ弘士 絵

お父さんが描いたトラの絵は、しっぽがやたらに長かったので、まなぶが「へんてこなトラだな」というと、「そんなことないぜ」と絵の中のトラが立ちあがり、まなぶをジャングルの散歩に誘いました。ジャングルでは、サルにからかわれたり、大蛇やワニに襲われたりしますが、そのたびにトラの長いしっぽが大活躍して、見事危機を切りぬけます。最後はしっぽをプロペラみたいにまわして……。

こどものとも541号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 2, 2006 2001年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

たんじょう じどうしゃ

2001年5月号
30542

小風さち 作 山本忠敬 絵

大きな切断機で鉄の板が切りとられプレス機にかけられると、屋根の形、ドアの形ができてきます。溶接ロボットがそれらをつなげ、ペンキを吹き付けるトンネルをくぐりぬけると、車体ができました。「エンジンはめこむぞ」「変速機を接続するぞ」「できたか 自動車? まだまだまだ」……。 自動車が生み出される工場でのドラマ、その誕生の喜びを丹念に描いた乗り物絵本です。

こどものとも542号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 2, 2006 2001年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

3びきねこさんと さくらんぼさん

2001年6月号
30543

柳生まち子 さく

3びきねこさんの中でいちばんちびのきいは、スキップが上手にできません。練習で靴に穴があいて、練習もしたくないとぐずっていましたが、通りかかった靴屋のお姉さんねこ、さくらんぼさんに習って、きいもスキップができるようになりました。そして、きいも手伝って野原に100足の靴を並べ、春の靴屋が開店。仲間も集まってきて、気に入った靴を選び、みんなでスキップ!

こどものとも543号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 2, 2006 2001年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

さかなつり

2001年7月号
30544

伊藤秀男 さく

今日はいとこのお兄ちゃんが魚釣りに連れていってくれる日です。秘密の大池で大鯉をねらうのです。畑で餌のミミズを掘り、大きなバケツをもって朝もやの中を出発。先に来ていた名人のおじさんに言われた通り、魚の気持ちを考えながら、釣り糸をたれていましたが、なかなか釣れなくて飽きてしまいました。でも、気をとりなおしてもう一度挑戦すると、とうとう大鯉がかかって……。

こどものとも544号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 2, 2006 2001年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶんぶんひめ

2001年8月号
30545

沼野正子 さく

ぶんぶん姫の髪の毛はブンブン回る不思議な髪の毛。赤いリボンでギュッとしばって旅に出かけます。途中で出会ったのは、糸でぐるぐる巻きにされた鳥や蛇。ぶんぶん姫は刀をふるってみんなを救いますが、現れでた大きなダンダラグモに、あわや姫もぐるぐる巻きにされそうになります。ところが、姫がリボンをはずすと、髪の毛はものすごい勢いで回り出し……。お姫様の痛快な冒険物語です。

こどものとも545号
19×26cm 28ページ 定価410円(本体390円)

6月 2, 2006 2001年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

つちの ひと

2001年9月号
30546

岡井美穂 作・造形 マサト コンピューターグラフィックス

雨が降った次の日、畑から人が生えてきました。人が畑を耕し、種をまくと、芽が出て、ウサギが、そしてヒツジが、ニワトリが生えてきました。どんどん仲間がふえて、みんなで畑を耕しました。ある日大雨が降り、人も動物たちもとけていなくなってしまいました。次の日、また畑から人が生えてきます。こんどは3人……。粘土の造形物を写真にとって構成した絵本です。

こどものとも546号
26×19cm 28ページ 定価410円(本体390円)

6月 2, 2006 2001年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

サルとトラ

2001年10月号
30547

ラオス・モン族の民話 ヤン・サン 再話 ドゥア・リー 下絵 ヤン・ロン/ヤン・イェン 刺繍 やすいきよこ 訳 

山の暴れ者トラをやっつけてやろうと思ったサルは、ある日、スズメバチの巣を太鼓だとだまして、トラにたたかせました。ハチに刺されて怒ったトラは「おまえを食ってやる」と、サルを追いかけます。ところが、のんびり筍を食べていたサルは、「太鼓たたきは別のサル、ぼくは筍食いのサル」ととぼけます。賢いサルと間抜けなトラの昔話。『かたつむりとさる』に続くモン族の刺繍による絵本。

こどものとも547号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念企画「こどものとも世界昔ばなしの旅II」の1冊として刊行されています。(2005年刊)
訳者のエッセイをこちらからお読みいただけます。

6月 2, 2006 2001年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ガオ

2001年11月号
30548

田島征三 作

ある日、1匹の山犬が力いっぱい吠えた。ガオ! すると、山犬の「元気」が、体の中から全部外に飛び出してしまった。体と「元気」がバラバラになって、体は、6匹の蛇に変わり、「元気」は、おそろしい鳥になった。鳥は、1匹ずつ蛇を食べはじめ、最後の1匹は、食べられてたまるかと思いっきり吠えた。ガオ! すると……? 木の実のコラージュが変幻自在に変化する不思議な絵本。

こどものとも548号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

この絵本は「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されています。(2005年刊)

6月 2, 2006 2001年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

まゆとブカブカブー  やまんばのむすめ まゆのおはなし

2001年12月号
30549

富安陽子 文 降矢なな 絵

山姥の娘のまゆが、雨降りの林を、どろをはねあげながら歩いていると、動物たちが「ブカブカブーがあらわれた」とおびえて走ってくるのにでくわします。「ブカブカブーってなんだろう」林の奥へすすんだまゆは、赤いとてつもなく大きな怪物がゆらゆらゆれているのに出会います。まゆがとびかかり、よじのぼると、なんとブカブカブーは白い煙をはきながらしぼんでキノコになったのです……。

こどものとも549号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 2, 2006 2001年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

こよみともだち

2002年1月号
30550

わたりむつこ さく ましませつこ え

暦の家が12軒。ある日、1月さんは、「とんとんとんあそぼじゃないか」と、2月さんを訪ねます。友だちと遊ぶと面白い! ふたりは3月さんを訪ねます。こうして12の月を次々さそって一緒に遊び、みんなでひとつの家に住むことになりました。1年の季節の変化と、友だちがふえていく楽しさが、ページを繰るごとにあふれています。最後のページは12の小さな扉を実際に開ける仕掛けがついています。

こどものとも550号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

この絵本は「日本傑作絵本シリーズ」の1冊として刊行されています。

6月 2, 2006 2001年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ねぼすけスーザのオリーブつみ

2002年2月号
30551

広野多珂子 作

いつもはねぼすけのスーザも今日は早起き。キンテロおじさんの畑にオリーブつみの手伝いにいく日なのです。下のほうの枝の実を取ってしまうと、小さなスーザは、上の枝の実に手が届きません。枝に登ってゆすったり、エプロンをしいてみたりしますが、うまくいきません。そこでスーザはロバのサンチェスに手伝ってもらって……。収穫の喜びを生き生きと描いた、「ねぼすけスーザ」の絵本第5作目です。

こどものとも551号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 2, 2006 2001年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ねこのミロ

2002年3月号
30552

長谷川摂子 さく しもゆきこ え

ある日ネコのミロがいなくなったので、ぼくは心配で裏山に探しにいきました。すると木の上から黒い本が落ちてきて、ぼくは本の中のまっ白なページに迷いこんでしまいました。目の前の紙がめくれて入っていったのは、ネズミの町、次は一つ目のおばけの町。そしてようやくたどりついたネコの町で見つけたミロは、黒ネコのダリと結婚していました。奇想天外なファンタジー絵本。

こどものとも552号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 2, 2006 2001年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/26

ぐりとぐらとすみれちゃん

2000年4月号
030529

なかがわりえこ と やまわきゆりこ

ぐりとぐらは畑で野菜を作るのが大好きです。こんどはカボチャを作ろうと思っていたところへ、大きなリュックを背負った女の子すみれちゃんがやってきて、リュックからカボチャを取り出しました。とびきり大きくて固いカボチャを、すみれちゃんはお母さん秘伝の方法で割ってくれました。さあ、森の動物たちも加わって、カボチャ料理の始まりです。「ぐりとぐら」シリーズの6作目。

こどものとも529号
19×26cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

この絵本は「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されています。(2003年刊)
この絵本が生まれたいきさつについて、こちらから編集者のエッセイをご覧いただけます

5月 26, 2006 2000年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (1)

しげみむら おいしいむら

2000年5月号
030530

カズコ・G・ストーン さく

野バラのしげみの中にある“しげみむら”には、ハチのチークリ家族や、コガネムシのブンブンさん、オトシブミのツツミさんなどの虫たちが住んでいました。春になると、みんなで花粉だんごや蜜あめ、ハッカ水などを作って“のはらのおかしや”を開きます。やなぎむらからバースデーケーキの注文がきて、双子のハチの子どもたちが配達にいくことになりました……。おなじみのやなぎむらの隣村のお話です。

こどものとも530号
19×26cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

この絵本は「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されています。(2004年刊)

5月 26, 2006 2000年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

ふるいけおんがくかい

2000年6月号
030531

奥山多恵子 さく

ある雨の日、カエルのちかつんとぐずびんは、捨てられてしょんぼりしていたてるてるぼうずたちを、今夜行われる“ふるいけおんがくかい”に誘いました。でも、カタツムリに乗せてもらったてるてるぼうずは、始まる時間になってもなかなか会場につきません。音楽会は佳境に入り、突然の大雨で中断してしまいましたが、てるてるぼうずたちが歌いながらやってると、大雨があがったのです。

こどものとも531号
26×19cm 28ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 26, 2006 2000年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ミノルまる みなみのしまへ

2000年7月号
030532

油野誠一 作

ミノルくんがイヌのセラをつれて海辺にいき、大きな岩の上に立って「まるで船に乗ってるみたいだね」というと、岩は突然船になり、海を進みだしました。ミノル君の船は、ヤシの木のある南の島を目指します。大きな船とすれちがい、クジラに出会い、長い航海のすえにとうとう南の島に着きました。珍しい鳥や花に大喜びしたあと、そろそろ帰ろうかと思ったら、ミノル君はいつのまにか……。

こどものとも532号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 26, 2006 2000年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

まじょの すいぞくかん

2000年8月号
030533

佐々木マキ 作

女の子と犬が、森の中に遊びにいって見つけたのは、おかしな水族館でした。中の水槽には、アマゾンの半魚人やチョウチンクマアンコウ、ブタフグモドキなど、めずらしい魚がいっぱい。でもそれは、悪い魔女に魚にされてしまった動物たちだったのです。女の子と犬は、動物たちを助けますが、魔女の罠にかかって魚の姿にされてしまい……。『まじょのかんづめ』の続編です。

こどものとも533号
19×26cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 26, 2006 2000年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

おおきなカエル ティダリク

2000年9月号
030534

オーストラリア アボリジニ・ガナイ族のお話 加藤チャコ 再話・絵

昔、大平原に日照りが続いた時、ティダリクという岩山のように大きなカエルが、池も川も水という水を全部飲み干してしまいました。困った動物たちは、ティダリクを笑わせて水をはき出させようと、エリマキトカゲの皿回し、コアラの百面相と、次々芸を披露しましたが、ティダリクは笑いません。そこに怒ったウナギがやってきて、身をよじりながら文句をいううち、体が蝶結びになってしまい……。

こどものとも534号
19×26cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 26, 2006 2000年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (2)

おばあさんとマリーちゃん

2000年10月号
030535

織茂恭子 作

おばあさんはひとりぐらしがつまらないのでイヌを飼おうと、「どなたかイヌをください」という貼り紙をしました。子イヌがきたらマリーという名前にしようと楽しみにしていると、大きなイヌがぬうっとやってきて、おばあさんのごはんもドーナツもをみんな食べてしまいます。しかたなくまたドーナツを買いに町へいったおばあちゃんは、帰り道で転んでしまいますが……。

こどものとも535号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 26, 2006 2000年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

とんでいく

2000年11月号
030536

風木一人 さく 岡崎 立 え

スピード自慢のタカが、湖の畔からとんがりやまのてっぺんめざして飛んでいきます。野や町を下に見て、雲の中をくぐり、飛行機と競走し、ついにとんがりやまに到着。そこでこんどはページを逆にめくっていくと、仲間とはぐれたガンの子が、とんがりやまから湖にもどる話が展開します。シルエットで描かれた鳥の姿が、右を頭とすればタカに、左を頭にすればガンに見える仕掛けの絵本。

こどものとも536号
19×26cm 28ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 26, 2006 2000年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

きょうりゅうが すわっていた

2000年12月号
030537

市川宣子 作 矢吹申彦 絵

きみが生まれる少し前、パパはひとりでマンションにいました。すると、窓から大きな恐竜が頭をつっこんできて、パパのサラダを食べていきました。それからパパは毎日キャベツ30個を恐竜に食べさせました。やがてクリスマスの日に、恐竜のお腹の下で卵が孵って、赤ちゃんが生まれました。そして恐竜はパパを背中に乗せて、ちょうどきみが生まれたばかりの病院につれていってくれたのです。

こどものとも537号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 26, 2006 2000年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

おおさむ こさむ

2001年1月号
030538

こいでやすこ さく

キツネのきっことイタチのちいとにいは、おおばあちゃんに作ってもらったマントを着て、そりあそびに出かけました。すると岩かげから、かわいいゆきだるまがふたつ現れました。一緒にそりあそびをしていると、だんだん体が温かくなってきたので、みんなでかきごおりを食べていると、なぜかゆきだるまの体がどんどん大きくなっていくではありませんか……。キツネのきっこのお話の3作目。

こどものとも538号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

この絵本は「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されています。(2005年刊)

5月 26, 2006 2000年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2001年2月号
030539

佐藤忠良 画 木島 始 文

木をスケッチしていると、木はいろいろなことを語りかけてくれ、木との対話が始まる。水をぐんぐん吸い上げる根っこ、空を見上げながら風の歌を聞いている枝々、がまんをしているこぶたち。季節がめぐり、春になると、枝々から新芽が顔を出す。彫刻の第一人者であり、絵本『おおきなかぶ』の画家でもある佐藤忠良が描きためた木のデッサンに、詩人木島始がことばで唱和した絵本です。

こどものとも539号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

この絵本は「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されています。(2005年刊)

5月 26, 2006 2000年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ずいとんさん

2001年3月号
030540

日本の昔話 日野十成 再話 斎藤隆夫 絵

ある山寺で、ずいとんという小僧が留守番をしながらお経をあげていると、庫裏のほうで「ずーいとん」と呼ぶ声がします。いってみても誰もいないので、小窓から外を見ていると、キツネがしっぽで戸を「ずーい」とこすり、頭で「とん」とたたいていました。戸を開けるとキツネは中に転げこみ、本堂に逃げこんでご本尊に化けました。ふたつ並んだご本尊、本物はどちらでしょうか……。

こどものとも540号
19×26cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

この絵本は「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されています。(2005年刊)

5月 26, 2006 2000年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/19

まゆとおに  やまんばのむすめ まゆのおはなし

1999年4月号
030517

富安陽子 文 降矢なな 絵

ある日、山姥の娘まゆは鬼に出会い、岩屋の前に連れていかれました。鬼はまゆを煮て食べようとお湯を沸かしはじめます。そうとは知らず、まゆは松の木を引っこ抜いて薪の山を作ったり、岩屋の壁をくずしてかまどの石を積んだり、せっせと手伝います。その怪力に驚いた鬼も、鍋のお湯が沸くころには、もうすぐまゆを食べられるとにんまり。ところがお湯が沸くと……。

こどものとも517号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

この絵本は「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されています。(2004年刊)
作者の富安陽子さんのエッセイをこちらからお読みいただけます。

5月 19, 2006 1999年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

じいちゃんの ステッキ

1999年5月号
030518

すとうあさえ 文 アンヴィル奈宝子 絵

子ギツネなっくは、ステッキをもって散歩をするじいちゃんを、いつもかっこいいなあと思っていました。冬も終わりに近づいたある日、なっくは、玄関にたてかけたままになっていたステッキをそっと持ちだし、散歩にいきました。でもウサギには摘んだヨモギを運ぶのに使われ、アリには川を渡る橋のかわりにされ、がっかり。その上ステッキを川に落としてしまいます……。春の訪れを楽しく描きます。

こどものとも518号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 19, 2006 1999年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

エングラシアおばちゃんの おくりもの

1999年6月号
030519

マリオ・モンテネグロ 文 オルガ・マラディアガ 絵 まつもととおる 訳

エングラシアおばちゃんはロバのグリセリオの結婚祝いに、テーブルクロスを縫いました。あとは花嫁と花婿の名前を刺繍するだけ。ところが大事な針と糸と指貫がなくなってしまいました。ネコやハチドリやカエルなど動物たちが一緒にさがしてくれたのでやっと見つかり、みんなできれいな刺繍をして、それはすてきなテーブルクロスができあがりました。ニカラグアの作者、画家による絵本。

こどものとも519号
26×19cm 28ページ 当時の定価380円(本体362円)

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念企画「こどものとも世界昔ばなしの旅II」の1冊として刊行されています。(2005年刊)

5月 19, 2006 1999年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ごろぴか どーん

1999年7月号
030520

小野かおる さく・え

雷のごろぴかさんは、雲に雨や稲光が貯まると雷玉をつくって投げ落とし、夕立を降らせます。子どものごろぴかぼうずたちも、初めて雷玉を投げさせてもらえることになりました。ところが、大きな雷玉をつくろうとして転がしているうちに、ごろぴかぼうずたちは雷玉といっしょに雲から落っこちてしまいました。木の下にのびていたごろぴかぼうずたちを、ななこちゃんとお母さんが助けましたが……。

こどものとも520号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 19, 2006 1999年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

うみじじい

1999年8月号
030521

菅 瞭三 さく

夏休みのある日、はやたと兄ちゃんはサザエ捕りにいきました。「サザエは捕りすぎたらいかんぞ、うみじじいが怒るけんの」というじいちゃんの言いつけを忘れて、たくさんのサザエを捕り、近くの小島に上がって焼いて食べていると、突然ウミネコが騒ぎだし、怪物うみじじいが現れました。ふたりは必死に逃げますが……。大分県の民話を題材に創作したちょっと怖いお話です。

こどものとも521号
19×26cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 19, 2006 1999年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

どんぶらこっこ すっこっこ

1999年9月号
030522

村上ひさ子 文 丸木 俊 絵

川のそばのがけの上に大きな根っこがありました。根っこには小さな穴があいていて、小さなネズミが住んでいました。大雨が降り続いたある日、根っこはネズミを乗せたまま川に落ちて流れだします。滝を流れ落ちたり、タカに襲われそうになったりと、さまざまな危険を乗りこえて、どんぶらこっこと流れていきます。やがて中洲にぶつかって止まった根っこは、動物たちの大きなテーブルになりました。 

こどものとも522号
19×26cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 19, 2006 1999年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

かぜのかみとこども

1999年10月号
030523

日本の昔話 おざわとしお 再話 佐藤芙美 絵

村の子どもたちが遊んでいると、見知らぬ男がやってきて、栗や柿や梨がいっぱいなっているところに連れていってやろうと言います。男は尻からしっぽのような長い物をひっぱりだすと、子どもたちを乗せ、ごーっと天に舞い上がりました。子どもたちは、おなかいっぱい果物を食べさせてもらうのですが、置き去りにされてしまいます。やがてあたりはまっ暗になり……。新潟の昔話。

こどものとも523号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 19, 2006 1999年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

くろいマントの おじさん

1999年11月号
030524

金森宰司 作

ある日、広場に黒いマントのおじさんがやってきて、小さな鞄を開くと変わった形の笛を取り出し吹き始めました。小鳥や人々が集まってくると、こんどは大きい鞄を開き、気球を取り出し膨らませました。見ていたぼくはおじさんの気球に乗せてもらい、いっしょに空を飛びました。ところが鳥に気球をつつかれて、まっさかさま。でも教会の塔にひっかかって……。
2000年度ボローニア・ブックフェア児童賞大賞を受賞しました。

こどものとも524号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

この絵本は、 「日本傑作絵本シリーズ」の1冊として刊行されています。(2000年刊)

5月 19, 2006 1999年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスのちいさなほし

1999年12月号
030525

オリガ・ヤクトーヴィチ 作 松谷さやか 訳

みんなが寝静まったイブの夜、クリスマスツリーの飾りたちが、みんなの中で自分が一番えらいと自慢しあって騒いでいたら、ツリーのてっぺんにあったガラスの星が落ちて、割れてしまいました。困った飾りたちは、代わりの星を探しに、真夜中の空に飛びだします。金色の玉、ピエロの人形、木の羽の鳥、雪の精の人形といった飾りたちが、夜空に星を求めて、吹雪の中をさまよいました……。

こどものとも525号
19×26cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 19, 2006 1999年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

3びきねこさんの そりあそび

2000年1月号
030526

柳生まち子 さく

いらなくなった古いそりをほしい人にあげるという、うさぎのおばさんの貼り紙を見て、きい、とら、ごろの3びきねこさんは、うさぎのおばさんの家に急ぎました。でも一足違いで、そりはいたちくんのものに。けちんぼのいたちくんは、自分ひとりで遊ぶばかりで、なかなかそりを貸してくれません。そこで3びきは……。3びきねこさんのお話の第3作です。

こどものとも526号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念出版「こどものともセレクション」の1冊として刊行されています。

5月 19, 2006 1999年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ほしのむすめたち

2000年2月号
030527

カナダ・インディアンの昔話 マーガレット・ベミスター 再話 羽根節子 訳・絵

ある日、森に住む狩人の若者は、美しい娘たちがかごに乗って天から降りてきて、草原で踊っているのを目撃しました。末娘が気に入った若者は、ネズミに姿を変えて娘を捕らえると、自分の小屋に連れていき、いっしょに暮らすようになりました。ふたりは幸せに暮らし、男の子が生まれますが、ある日、娘は星の世界に帰ってしまいます。カナダ・インディアンの昔話を美しい版画で描きます。

こどものとも527号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念企画「こどものとも世界昔ばなしの旅II」の1冊として刊行されています。(2005年刊)

5月 19, 2006 1999年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

たいこたたきのパチャリントくん

2000年3月号
030528

長谷川摂子 さく スズキコージ え

おばあさんの家のつぶれたやかんの中から生まれたパチャリントくんは、なんでもたたいて遊ぶ元気な男の子。ある日、おばあさんにもらった太鼓をたたきながら歩いていくと、けとばした石の中から、2匹の怪獣ガンダラッカとマンダラッカが出てきました。3人はそろって旅に出ると、自分たちの街を作ったり、大きな大きな玉子焼きを作ったりして、思いきり遊びます。

こどものとも528号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 19, 2006 1999年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/05/12

ことりのうち  ばばばあちゃんのおはなし

1998年4月号
030505

さとう わきこ さく・え

ばばばあちゃんは仲間の動物たちと、ヒョウタンや竹筒で小鳥の家をたくさん作りました。すると、大きくて変てこな鳥がやってきたので、こんどは藁やダンボールで大きな巣を作ってやりました。ところがその鳥はギャーギャーと大声で叫びます。迷子になってお母さんを呼んでいたのです。その鳥が母鳥といっしょに帰っていったあと、残された大きな巣で、みんなは気持よくお昼寝しました。

こどものとも505号
19×26cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

この絵本は「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されています。

5月 12, 2006 1998年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

おじいさんの つるつるかぼちゃ

1998年5月号
030506

立岡左智央 文 立岡月英 絵

おじいさんはカボチャの種をまきましたが、つるが伸びるばかりで花も咲きません。でもやがて隣の家まで伸びいくと大きな実をつけました。けんかしていたお隣のおばあさんは、おいしいカボチャ汁を作って、おじいさんと仲直り。つるはさらに伸びて町じゅうにカボチャを実らせ、病気の人もカボチャ粥で元気になり、子どもたちもお面を作って大喜び。つるは町を1周して戻ってくると……。

こどものとも506号
19×26cm 28ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 12, 2006 1998年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

まじょのくに

1998年6月号
030507

油野誠一 作

ヒロミちゃんは、ほうきが折れて空から落ちてきた魔女を見つけ、ほうきを直してあげました。お礼に魔女の国につれていってもらったヒロミちゃんは、ほうきに乗って子どもの魔女といっしょに空で遊び、大喜び。ところが、ごちそうにクモやヘビを出されて、気持ち悪くなり逃げだしました。するとコウモリの大群が追いかけてきます。『まじょのおとしもの』(491号)に続く油野誠一の絵本。

こどものとも507号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 12, 2006 1998年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

もしゃ もしゃ

1998年7月号
030508

中村牧江 さく 林 健造 え

もしゃもしゃにからまった5本のひも。そのなかから赤いひもを取りだして遊んでいたら、ふしぎな形ができてきて、あれれれれれ! ブタになった! 赤、緑、茶、青、橙の5本のひもから、つぎつぎと5つの動物たちが生まれてきます。最後にできあがった動物がみんなぶつかると、またもしゃもしゃに……。『ふしぎなナイフ』の作者による、ひもが作り出す自在な形と色の変化を楽しむ絵本。

こどものとも508号
19×26cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 12, 2006 1998年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

こびっちょさんのやま

1998年8月号
030509

いとうせつこ さく わたなべさもじろう え

夏休み、虫の大好きなおさむは、山のおばあちゃんの家にいって遊んでいました。ある日、にわか雨にぬれて風邪をひいて寝ていると、巨大なミノムシがやってきて、おさむを蓑の中に入れて温めてくれました。次にはツユムシが甘い露をのませてくれます。虫たちのおかげですっかり元気になったおさむに、おばあさんは子どもを守る“こびっちょさん”という神様のことを話してくれました。

こどものとも509号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 12, 2006 1998年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

オットーのくちぶえ

1998年9月号
030510

きたむらえり さく

かわうそのオットーは口笛が上手でした。いつもビーバーやアライグマなど森の友だちと、すべり台やかくれんぼをして遊んでいましたが、みんなもオットーの口笛を聞くのが大好きでした。ところが、ある日、アライグマの魚が盗まれたり、ビーバーのダムがこわされたりして、その時、上手な笛の音を聞いたというので、オットーはいたずらの犯人にされてしまったのです……。

こどものとも510号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 12, 2006 1998年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

あかちゃんがやってきた

1998年10月号
030511

角野栄子 作 はたこうしろう 絵

「赤ちゃんが生まれるの」と、ある日お母さんがぼくにささやきました。その日から、ぼくは生まれてくる赤ちゃんのことを、あれこれ想像しはじめます。お母さんと一緒に赤ちゃんのものをいっぱい買いました。ベビーベッドやベビーバスも出してきました。お母さんのおなかはどんどん大きくなってきます……。赤ちゃんが生まれるまでの男の子の期待と不安を、軽やかに温かく描きます。

こどものとも511号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 12, 2006 1998年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ならんでる ならんでる

1998年11月号
030512

井上洋介 さく

ならんでる ならんでる。黄色い旗が、電燈が、煙突が、ならんでる。商店街に、橋の上に、屋根の上にならんでる。おじぞうさん、ガード下の鉄の柱、おっきなタンクなど、ページをめくるごとに、ならんでるものが、つぎつぎと現れます。どこかで見たことのある景色の中に、ちょっと不思議な景色も飛びこんできて……。調子のよい文章とともに、井上洋介の世界が展開します。

こどものとも512号
26×19cm 28ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 12, 2006 1998年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ふわふわふとん

1998年12月号
030513

カズコ・G・ストーン さく

やなぎむらに冬がきました。虫たちは秋に柳の葉っぱで作った「やなぎハウス」で冬を越すことにしますが、すきま風が冷たいので、暖かいお布団を探しに出かけました。途中で出会ったハサミムシのチョッキリさんに教えられて、みんなはふわふわの綿毛がいっぱいつまったガガイモの種をもってかえることにしました。でも引っ張って帰る途中、雪が降りだします。やなぎむらのおはなし第4作。 

こどものとも513号
19×26cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

この絵本は2001年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

5月 12, 2006 1998年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

おおぐいひょうたん

1999年1月号
030514

西アフリカの昔話 吉沢葉子 再話 斎藤隆夫 絵

フライラという女の子が、小さなまるいひょうたんを見つけて、どうしてもほしくなり、とってもらいました。そのひょうたんは不思議なことに、フライラがとびはねるといっしょにとびはね、かけだすと追いかけてきます。すっかり気に入ったフライラは、そのひょうたんといっしょに遊びますが、突然そのひょうたんは、「肉が食いたい」といって足に噛みついてきました……。

こどものとも514号
19×26cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念企画「こどものとも世界昔ばなしの旅II」の1冊としてハードカバーで刊行されています。

5月 12, 2006 1998年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

のはらのいえ

1999年2月号
030515

松居スーザン 文 降矢洋子 絵

ハーモニカの好きなおじさんが住む野原の家は、歌うのが大好きでした。ところがおじさんは遠いよその国を見たくなり、野原の家を出ていってしまいました。暖かい間は小鳥たちや汽車の汽笛に合わせて歌っていましたが、冬になるとひとりぼっちで寂しくてたまらなくなりました。でも、野ネズミやフクロウたちが、この家に冬越しするためにやってきたので、うれしくなってまた歌いだすのでした。

こどものとも515号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 12, 2006 1998年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

まほうのかさ

1999年3月号
030516

R.ファイルマン 原作 E.コルウェル 再話 松岡享子・浅木尚実 訳 ジョン・シェリー 絵

魔法使いが忘れていった魔法の傘をお百姓が見つけて家にもちかえり、おかみさんに渡しました。ある雨の日、おかみさんがその傘をさしたまま市場で卵を売っていて、卵を「1・2・3」と数えると、おかみさんは突然自分の家にもどっていました。手に持って数を数えるとあちこちへ飛ばされてしまう魔法の傘だったのです。イギリスのストーリーテリングで大人気の作品を絵本にしました。

こどものとも516号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

5月 12, 2006 1998年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/28

ゆうこのキャベツぼうし

1997年4月号
030493

やまわきゆりこ さく・え

ゆうこは畑のおばさんから大きなキャベツをもらったので、葉っぱを一枚はがして帽子にしました。歩いていくと、こぐまとこぶたとこぎつねとうさぎに出会ったので、みんなにもキャベツの葉っぱを一枚ずつかぶせてあげて、鬼がおおかみになってみんなの帽子をとる鬼ごっこを始めました。するとそこに本物のおおかみがやってきて……。『ゆうこのあさごはん』(187号)に続く山脇百合子の絵本。

こどものとも493号
19×26cm 32ページ 当時の定価380円(本体369円)

4月 28, 2006 1997年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (4) | トラックバック (0)

ほいさか さっさ えんそくだ

1997年5月号
030494

岸田衿子 ぶん 古矢一穂 え

アリの村では、朝日がのぼるとみんなで「おーはーよー」とさけんでから顔を洗い、一列に並んでありんこ体操をします。でも、ありごろうだけは、ひとりで逆立ちしたり、つなわたりしたりして遊んでいます。今日は遠足ですが、ありごろうは、やっぱり逆立ちで歩いたり、花によじのぼって怖い顔のハチににらまれたり。サクランボでブランコしていたら、実と一緒に飛ばされて……。

こどものとも494号
19×26cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

4月 28, 2006 1997年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

カニ ツンツン

1997年6月号
030495

金関寿夫 ぶん 元永定正 え

カニ ツンツン ビイ ツンツン。スプモーニ トトーニ……。アイヌ語であらわした鳥の鳴き声、イタリアのアイスクリームの名前、アメリカ・インディアンの部族名、英語の幼児語……。すでに存在する不思議な響きのことばと、創作のことばを自在に組合せ、鮮やかな色彩のユーモラスな物体が次々に登場する、ことばと色と形が絶妙のリズムとハーモニーを奏でる絵本です。

こどものとも495号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

この絵本は2001年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。
金関さんのエッセイをこちらからお読みいただけます。

4月 28, 2006 1997年「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)