« 福音館書店から(第61回) | トップページ | 「こどものとも50周年記念ブログ」リニューアルのお知らせ »

2007/04/27

福音館書店から(第62回)

 3月初めから「こどものとも傑作集」の新規製版について連載でお伝えしてきましたが、お楽しみいただけましたでしょうか。
 今回の連載はこれをもちまして終結し、このブログの更新はしばらくお休みをいただきます。
 以前お知らせしましたように、これから5月末までのあいだ、「こどものとも50周年記念ブログ」をこのブログの中に移行する作業に入り、6月はじめからは、この「福音館子どもの本ブログ」も再スタートを切ることになります。

 さて、新規製版についてはまだお伝えしたいことはいろいろあるのですが、第1期15冊がすでに発売されておりますので、是非手にとってご覧いただければと思います。本の背表紙の下の方に「こどものとも絵本」あるいは「ぐりとぐらの絵本」と書いてあるのが、新規製版の絵本です。(新規製版の絵本では背に作者の名前も入れました)
 説明が後になってしまいましたが、「ぐりとぐら」のシリーズは、これまでの「こどものとも傑作集」から独立させ、「ぐりとぐらの絵本」というシリーズになりました。

 ここで今後の新規製版の予定をお知らせしておきます。時期はまだ未定ですが、来年の3月末までに完結の予定で作業を進めています。これから出る23冊の書名は次のとおりです。

第2期(12冊)
かばくん  岸田衿子 作/中谷千代子 絵
たろうのおでかけ  村山桂子 作/堀内誠一 絵
だるまちゃんとてんぐちゃん  加古里子 作・絵
しんせつなともだち  方 軼羣 作/君島久子 訳/村山知義 画
かさもって おむかえ  征矢 清 作/長 新太 絵
だるまちゃんとかみなりちゃん  加古里子 作・絵
とこちゃんはどこ  松岡享子 作/加古里子 絵
ちいさなねこ  石井桃子 作/横内 襄 絵
三びきのこぶた  瀬田貞二 訳/山田三郎 画
だるまちゃんとうさぎちゃん  加古里子 作・絵
こぶじいさま  松居 直 再話/赤羽末吉 画
くるまはいくつ  渡辺茂男 作/堀内誠一 絵

第3期(11冊)
かさじぞう  瀬田貞二 再話/赤羽末吉 画
かばくんのふね  岸田衿子 作/中谷千代子 絵
ぶたぶたくんのおかいもの  土方久功 作・絵
くろうまブランキー  伊東三郎 再話/堀内誠一 画
ジオジオのかんむり  岸田衿子 作/中谷千代子 絵
か わ  加古里子 作・絵
ばけくらべ  松谷みよ子 作/瀬川康男 絵
きつねとねずみ  ビアンキ 作/内田莉莎子 訳/山田三郎 絵
ゆうちゃんのみきさーしゃ  村上祐子 作/片山 健 絵
おばあさんのすぷーん  神沢利子 作/富山妙子 絵
たろうのともだち  村山桂子 作/堀内誠一 絵

4月 27, 2007 福音館からのお知らせ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201088/14862198

この記事へのトラックバック一覧です: 福音館書店から(第62回):

コメント

はじめまして。
9歳、5歳、2歳の子どもの母親です。
長女が産まれたときから、間にお休みをはさみながら、「子どものとも」楽しませて頂いています。
実は私は、翻訳家なのですが、自宅でお菓子教室も開いている「お菓子な翻訳家」なのです。
おいしそうなお菓子やお料理のでてくる本が大好きで、絵をみて想像をふくらませながら、「どうやってつくるのかな?」と考え、実際に作ってみることも・・・。
今回、『おなべ おなべ にえたかな?』のにんじんスープのレシピをおこしてみました。どうぞごらんになってください。
『「お菓子な翻訳家」sahoのみつけた「お菓子な本」』
http://plaza.rakuten.co.jp/okasinahonyakuka/diary/200705050000/

絵本を読んだ後に、子どもと「さあ、このお料理を作ってみようね♪」って作れたら、とても素敵だと思うのです。

このブログはまだまだ始めたばかりですが、これからもどんどん、「おいしそうな絵本」のレシピをおこしていきたいと思っています。もちろん、福音館書店さんの本もです。

もしよかったら、ブログなどで、私の起こしたレシピを紹介して頂けませんか? せっかくのレシピですから、たくさんの母子に楽しんで頂きたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

投稿: saho | 2007/05/07 20時24分

コメントを書く





絵文字を挿入