« 絵から絵本へ――「こどものとも」の製版をつづけて 精興社小俣直包技術担当部長に聞く 第4回 | トップページ | 絵本のすみずみまで――新規製版にあたっての造本上の工夫 »

2007/03/30

福音館書店から(第58回)

 精興社の小俣さんのお話の連載は今回で完結です。技術的なお話をたいへんわかりやすく語っていただきましたが、いかんせんブログの画面の中では内容を大幅に短くせざるをえませんでした。その中でも、現代の職人気質というようなものは十分にお伝えできたのではないかと思います。
 次回からは福音館書店の中で今回の新規製版に携わった人たちの声をお届けします。

 本のほうは今週の出荷分から、すでに新しいものをお届けしています。ホームページでも、新規製版のキャンペーン・ページをつくりましたので、こちらからもぜひご注文ください。

3月 30, 2007 福音館からのお知らせ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福音館書店から(第58回):

コメント

コメントを書く