« おばけかぞくのいちにち | トップページ | ぐぎがさんとふへほさん »

2006/06/16

ぼくがちょっと よこをむいていたら

2003年6月号
10003

得田之久 作 吉野晃希男 画

お母さんにたのまれ、キイチゴをつみに森へ出かけました。かごいっぱいにキイチゴをつんで帰ろうとすると、葉っぱの上に青虫がいて、ぼくがちょっと横を向いていたら、葉っぱがかじられています。次にはバッタとカエルがいて、ちょっと横をむいていたら、バッタが消えています。「食べたの、きみ?」と聞くと、みんな「しらない しらない」と答えます。ユーモラスなやりとりが楽しい絵本です。

こどものとも年中向き207号
19×26cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

6月 16, 2006 「こどものとも年中向き」バックナンバー2003年 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼくがちょっと よこをむいていたら:

コメント

コメントを書く