« 新しい絵本をつくりつづけて…… 編集部座談会(3) | トップページ | じいちゃんとうま »

2006/06/30

まよなかのおはなみ

2006年3月号
11111

星野はしる さく 菅野由貴子 え

満月の夜、ぼくがお父さんと散歩していると、電信柱が灯籠と連れだってお花見にいくのに出会いました。ポストや狛犬も一緒になって、川の土手を目指します。土手の大きな桜の下には、信号機や公衆電話など、これもふだんは動かないものたちが集まっていました。年に一度のお花見の会だったのです。そして桜の木の下から掘り出したかめには、去年の桜の花びらを集めて作った、花びら漬けが……!

こどものとも年中向き240号
26×19cm 32ページ 定価380円(本体362円)

6月 30, 2006 「こどものとも年中向き」バックナンバー2005年 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まよなかのおはなみ:

コメント

コメントを書く