« お話は口から口へ、刺繍は手から手へ−『サルとトラ』について  安井清子 | トップページ | おでん おんせん »

2006/06/09

へんてこロボットのぼうけん

2003年3月号
040204

平山暉彦 作

机の後側に落ちて忘れられてしまったビー玉と画鋲、コンパスと窓の取っ手、積み木たちは、なんとか暗闇から脱出してもとの仲間のところへもどりたいと思っていました。そこで、みんなが組み合わさって、へんてこりんなロボットになり、カッタンカッタン歩き出しました。ネコの襲撃を避け、机にのぼったロボットは、明るい窓の外を見ようとして、まっさかさまに庭に落ちましたが……。

こどものとも年中向き204号
19×26cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

6月 9, 2006 「こどものとも年中向き」バックナンバー2002年 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へんてこロボットのぼうけん:

コメント

コメントを書く