« こぐまのチョウスケ | トップページ | かなへびくんのあかいながぐつ »

2006/06/16

きりんいす

2003年10月号
10105

岡井美穂 さく

ぼくとお父さんはが散歩の途中で、捨ててあった黄色い椅子を拾いました。その椅子はふしぎな椅子で、ぼくが座っておやつを食べると、毎日大きくなるのです。ある時、ぼくが椅子に茶色の模様を描くと、椅子はキリンのようになって走り出し、ぼくをのせてジャングルまでやってきました。ヒョウやシマウマ、サイなどと競走したり、ワシやタカと空を飛びまわったり……。

こどものとも年中向き211号
26×19cm 32ページ 当時の定価380円(本体362円)

6月 16, 2006 「こどものとも年中向き」バックナンバー2003年 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きりんいす:

コメント

最高です! 
「ラチとらいおん」「かいじゅうたちのいるところ」「くいしんぼうのあおむしくん」などにも匹敵する、類い稀なるファンタジー絵本です。
色々な園で読み聞かせをしていますが、子どもも保育者も、そして読み手も、こんなにも夢中になってドキドキできる絵本はそうありません。
10年に一冊の大傑作です。
是非、傑作集入りさせて下さい。
傑作集でなくとも、とにかくハードカバー化して下さい。
ダメなら、年中でもう一回出してください。
10冊は、買います。

投稿: ラチ | 2007/06/13 20時42分

コメントを書く