« ねぼすけスーザのはるまつり | トップページ | 2005(平成17)年度にあったこと »

2006/06/30

福音館書店から(第50回)

 ようやく50年の歴史をたどり終えることができました。
 「こどものとも」の50年の歴史をたどりながら、刊行当時読んでもらって楽しんだ方にも、初めてこんな絵本があったのかと知っていただく方にも、1冊1冊の絵本の魅力を少しでもお伝えしたいと思い、このブログを開いてきました。皆様お楽しみいただけましたでしょうか。
 今後このブログの更新はしばらくお休みしますが、まだ1年ほどは公開している予定ですので、読み落としていたところなども、どうぞお楽しみください。
 コメントやトラックバックをいただいた方には、大変はげまされました。ありがとうございました。こちらからお返事がほとんどできなくて申し訳ありませんでしたが、これに懲りず今後もどんどんお寄せください。
 「こどものとも」からはこれからも新しい絵本が毎月生み出されます。また「こどものとも」50周年イベントもまだまだ続いていきますので、今後も新しい情報が入りましたら、随時(月に一度ぐらいは)この欄でお伝えしたいと思いますので、時々のぞいてみてください。
 
 夏のイベントの予定を、今回もお知らせします。

ぐりとぐらのともだちあつまれ!
「こどものとも」絵本の世界展

会期:2006年7月28日(金)~8月20日(日)
会場:札幌西武ロフト7階 五番舘赤れんがホール
北海道札幌市中央区北4条西3丁目
開催時間:10:00~20:00(最終日は17:00まで)
入場料:大学生・一般800円(600円) 中高生500円(400円) 小学生以下300円(200円) 3歳以下は無料
*( )内は、前売り及び10名以上の団体料金
お問い合わせ:札幌西武 TEL011-251-0111(大代表)
◇7月29日(土)には絵本作家・あべ弘士さんの愉快なトークと絵のイベントを開
催。「ぐりとぐら」のたまごの車や「はじめてのおつかい」の筒井商店も再現され
る楽しいスペースです。

創刊50周年みんなのともだち
「こどものとも」の絵本展
会期:2006年7月13日(木)~8月31日(木)
会場:姫路市立美術館
兵庫県姫路市本町68-25
開催時間:10:00~17:00
入場料:一般700(500)円、大学・高校生500(400)円、
中学・小学生200(100)円
*( )内は前売り及び20名以上の団体料金
お問い合わせ:姫路市立美術館 TEL079-222-2288
◇7月22日(土)には元永定正さんによる講演会「現代美術で絵本も描いた」を開
催します。また、8月20日(日)には福音館書店「こどものとも」編集長・作田真
知子による講演会「『こどものとも』ができるまで」も行なわれます。創刊号『ビ
ップとちょうちょう』や『ぐりとぐらのかいすいよく』など、約270点もの原画が
展示されます。

こいでやすこの「絵本原画」と「こどものとも」の歩み展
会期:2006年7月15日(土)~8月27日(日)
会場:いわき市立草野心平記念文学館
福島県いわき市小川町高萩字下夕道1-39
開催時間:9:00~17:00(土曜日は20:00まで)
入場料:一般420(330)円、大学・高専・高校生310(250)円、
中学・小学生150(120)円
*( )は20名以上の団体料金
お問い合わせ:いわき市立草野心平記念文学館 TEL0246-83-0005
◇福島県須賀川市出身のこいでやすこさんの作品『おなべおなべ にえたかな?』
『もりのひなまつり』などの原画展示のほか、「こどものとも」復刻版100冊、傑
作集130冊を実際に手に取って読むことが出来る展覧会です。

 お楽しみに。
では、ひとまず、さようなら。

6月 30, 2006 福音館からのお知らせ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福音館書店から(第50回):

» 「こどものとも50周年記念ブログ」が完結 トラックバック 絵本を知る
 久しぶりのエントリーで、しかも少々遅れた話題です。福音館書店のこどものとも50周年記念ブログが先週、完結しました。最近は企業ブログがかなり注目されています。そ... [続きを読む]

受信: 2006/07/05 22:54:00

» こどものとも50周年記念ブログ トラックバック 太陽のように
こどものともを創刊し始めてから50年を記念して始まったこのブログ。600号ですよ、すごいですよね。とうとう完結しましたね。私はこどものともどころか絵本すらあまり... [続きを読む]

受信: 2006/07/20 11:13:40

コメント

たいへんなお仕事、お疲れ様です。私のほうこそ、このブログに出会えてとてもステキな時間を過ごせました。ありがとうございました。
長い長い歴史があって、思い出があって、今ここに自分がいる。
そして 自分の子供達に 読みついでいけるなんてすごいことですよね。今の自分が生きている時代に感謝するとともに、絵本の力を感じずにはいられません。
私のつたないブログにリンクさせていただいて、うれしかったです。また、まだまだ参考にさせていただきます。

投稿: こるく | 2006/07/03 20時25分

コメントを書く