« やまがみさまの ゆきがっせん | トップページ | きんいろあらし »

2006/04/21

バオバブの きの うえで

1996年12月号
030489

アフリカ・マリの昔話 ジェリ・ババ・シソコ 語り みやこ・みな 再話 ラミン・ドロ 絵

昔、ジョレの村に男の子が生まれましたが、生まれて数ヵ月で両親が相次いで亡くなり、不吉な子どもだとして、遠くの森に捨てられました。男の子は、森の中で動物たちに育てられ、木や虫や石の話す言葉もわかる強い子どもに育ちました。けれどもある日、男の子は自分が動物たちとはちがうことに気づき……。アフリカで語り部の語った物語を採話し、アフリカの画家が絵を描きました。

こどものとも489号
19×26cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念企画「こどものとも世界昔ばなしの旅II」の1冊としてハードカバーで刊行されています。
再話者のエッセイをこちらからお読みいただけます。

4月 21, 2006 1996年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バオバブの きの うえで:

コメント

コメントを書く