« 1996(平成8)年度にあったこと | トップページ | みかづきさん »

2006/04/21

言葉には魂がある!−『バオバブの きの うえで』について  都 美納

 この昔話を語ってくださったジェリ・ババ・シソコは、マリ共和国でいちばん人口の多いバンバラ族の、伝統的な語りの匠(ジェリ)です。フランスから独立したマリには国営放送局ができました。そして10年目、ジェリ・ババの登場は大ヒットでした。週1回滑稽ばなしを語ったのですが、それが続いた1年間というもの、土曜の夜はマリ中の人間が一人残らずラジオの前に集まって笑いころげたといいます。

 文字を使うことをしなかった西アフリカには、専門的に技を磨いた語り部たちがいて、王の重臣あるいは漂泊の芸人として、その歴史や生活や愛を豊かに伝えてきました。
 「言葉には魂がある!(ニヤマ・ベ・クウマ・ラ)」と彼らはいいます。「預言者は書かなかった。その結果、彼らの言葉の、なんと生き生きと生命に溢れていたことか。声のない書物の中に凍りづめにされた知識、ああそれは、なんと貧しく寒い知識であろうか」とも。
 このお話の、言葉を知らないはずの男の子の歌もまさに魂の言葉。とりわけ古くからの自前の信仰をもつバンバラの人たちには、万物に精霊を認める、きびしいけれど調和的な宇宙感覚が根深く息づいているようです。

 師は、この国の公用語と定められたフランス語を決して口にしません。画家ラミンと通訳をしてくれる友人とわたしは、連日、師を囲んで、絵本をつくれるようなお話を紹介していただきました。そして『バオバブの きの うえで』のお話が出ると、全員「これ!」といっぺんに決まりでした。
 数日後、満天の星の下、ラミンの家で披露してくださった、本格的なこのお話のひき語りは……子どもも大人もしばらくは声を失ってしまったような至福の時でした。
 なぜか幼いころから絵を描くのが好きで好きでというラミンの絵は、あの師のまなざしと声を、どこか三味線の太棹にも似たンゴニの音色を、日本の子どもたちにも運んでくれるようです。マリの魂(いのち)のひびきとなって。
 (「こどものとも」1996年6月号折込付録より再録)

都 美納(みやこ みな)
1934年生まれ。日本女子大学文学部国文科卒業。1991年まで出版社勤務。訳書に『マンディングとテムネの昔話』(同朋舎「アフリカ昔話叢書」)、「バートンさんのどうぶつ日記」シリーズ(こぐま社)などがある。

*4月26日から東京都世田谷区の玉川高島屋で開催される“ぐりとぐらのともだちあつまれ! 福音館書店「こどものとも」絵本の世界展”の会場では、このジェリ・ババ・シソコさんが語る『バオバブの きの うえで』の録音をお聞かせしています。またラミン・ドロさんの原画も1点展示しています。(このイベントについてはこちらをご覧ください)

4月 21, 2006 エッセイ1996年 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉には魂がある!−『バオバブの きの うえで』について  都 美納:

コメント

コメントを書く