« ヘキサ、もりへいく | トップページ | きょうは ちょうど よいひより »

2006/04/28

みずたまのチワワ

1997年8月号
040137

井上荒野 さく 田中清代 え

ある日、女の子が朝ご飯を食べていると、庭を水玉模様のチワワが通っていきました。チワワが通ったあとの水たまりには、水玉模様が浮かび、通りすぎたあとの洗濯物にも、花壇のチューリップにも、水玉模様がついています。チワワが入っていった塀のすき間をのぞいてみると、そこは水玉模様の町でした……。ボローニャ国際絵本原画展の受賞者、田中清代の初めての絵本。

こどものとも年中向き137号
19×26cm 28ページ 当時の定価350円(本体333円)

4月 28, 2006 「こどものとも年中向き」バックナンバー1997年 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みずたまのチワワ:

» 【146】「みずたまのチワワ」井上荒野さん作・田中清代さん絵 トラックバック 【号外】やまねこ新聞社  
この作品は、非常に魅力的な作品です。 絵本好きには、たまらない絵本と言えると思います。(^^) 『オトナが考える子どもの世界』・・・... [続きを読む]

受信: 2006/05/06 13:37:36

コメント

コメントを書く