« 言葉には魂がある!−『バオバブの きの うえで』について  都 美納 | トップページ | おおきなかめ »

2006/04/28

みかづきさん

1998年3月号
040144

みはらさちこ さく

三日月さんは山のうえで明るくかがやいていましたが、雑木林の中がさわがしいのでのぞいてみると、野ネズミのお母さんから大騒ぎしている子ネズミたちの相手をしてほしいと、たのまれました。そのあとコウノトリにはブタの赤ちゃんを運ぶのをたのまれたり、サーカスの手品師の出すハトのかわりになったりと、大忙しの夜になってしまいました。

こどものとも年中向き144号
19×26cm 32ページ 当時の定価350円(本体333円)

4月 28, 2006 「こどものとも年中向き」バックナンバー1997年 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みかづきさん:

コメント

コメントを書く