« サラダとまほうのおみせ | トップページ | 福音館書店から(第39回) »

2006/04/07

おやすみ なおちゃん

1994年4月号
030457

安江リエ さく 垂石眞子 絵

弟が生まれてから、お母さんはなおにかまってくれません。それならと、なおも赤ちゃんになって、いすを並べたベッドで寝てみたり、クマになって押し入れで寝てみたり、モグラになって机の下で寝てみたり……。お父さんとお風呂に入ったら、カバの子になってお湯にもぐります。お風呂から上がると、お母さんは弟をお腹にのせて遊んでいたので、なおもお父さんのお腹の上でラッコの子になりました。

こどものとも457号
19×26cm 32ページ 当時の定価350円(本体340円)

4月 7, 2006 1994年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おやすみ なおちゃん:

» 「おやすみなおちゃん」他 トラックバック いーなごや極楽日記
 今日はネタのない時に便利なインスタント書評です。すべて図書館から借りて極楽息子(大)に読み聞かせしたものです。  「くまごろうのしりもち」はしりもちを繰り返して自分とネズミのために木の実を落とすツキノワグマの話。本物の熊は雑食性なのでそんなにお人よしではありません。  「おたねさん」は意味不明です。おたねさんの畑には動物や虫がいっぱい。動物に食べさせるために畑を作っているのでしょうかね。表紙にあるような立派なトマトなんて、よほど手入れしないとできないものです。放置した畑にいっぱい作物ができて... [続きを読む]

受信: 2007/06/27 13:42:22

コメント

コメントを書く