« つきみそうが さいた | トップページ | ゆうだち »

2006/04/07

カマキリさん どうしたの

1994年8月号
040101

澤口たまみ 文 あべ弘士 絵

初めて巣から出たミツバチは、花の間でゆらゆらゆれる緑のものを見つけました。すると、クマバチのおばさんが、それはカマキリだから近づいてはいけないと教えてくれました。飛んできたチョウが、あっというまにつかまってしまいました。ある日、カマキリがじっと動かなくなったので、どうしたのかなとミツバチが見ていると、背中の皮が割れて、脱皮を始めました。虫の生態をいきいきと描いています。

こどものとも年中向き101号
19×26cm 32ページ 当時の定価320円(本体311円)

4月 7, 2006 「こどものとも年中向き」バックナンバー1994年 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カマキリさん どうしたの:

コメント

コメントを書く