« いいことって どんなこと | トップページ | イルミねこが まよなかに »

2006/03/24

ちいさなりょうし タギカーク

1993年2月号
030443

アジア・エスキモーの昔話 V.グロツェル・G.スネギリョフ 再話 松谷さやか 文 高頭祥八 画

お母さんとふたりで暮らす男の子タギカークは、舟も銛もないので、昆布を採って暮らしていました。ある日、海に落ちたタギカークは、海の底で死んだお父さんに出会い、銛をもらいます。タギカークは、その銛をもって漁師たちの舟に乗せてもらおうとしますが、みんなばかにして乗せてくれません。ただ一人乗せてくれた老人とともにタギカークは、大きなクジラを仕留めました。

こどものとも443号
19×26cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

この絵本は、こどものとも創刊50周年記念企画「こどものとも世界昔ばなしの旅」の1冊としてハードカバーで刊行されています。

3月 24, 2006 1992年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちいさなりょうし タギカーク:

コメント

コメントを書く