« おばけのトッケビ | トップページ | まほうつかいのでし »

2006/03/24

ぼくのいいこと

1992年7月号
030436

きたむらえり さく

ある日、ヤマアラシのポーキーが、ポプラの木の枝で寝ころんでいると、「そこで待っていれば今日はいいことがあるよ」とお母さんがいいました。そこでポーキーは、友だちの子グマたちの川遊びの誘いも断り、コヨーテがやってきても針をふくらまして追い払い、「いいこと」を待ち続けます。やがて雷雨になりますが、雨があがって道をやってきたのは、おみやげをもったおばあちゃんでした。

こどものとも436号
26×19cm 32ページ 当時の定価300円(本体291円)

3月 24, 2006 1992年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼくのいいこと:

コメント

コメントを書く