« よくばりワシカ | トップページ | たいへんなひるね »

2006/02/24

きょだいな きょだいな

1988年5月号
030386

長谷川摂子 作 降矢なな 絵

あったとさ、あったとさ。広い野っぱら、どまんなか、巨大なピアノがあったとさ。子どもが100人やってきて、ピアノの上で鬼ごっこ……。広い野原のまん中に、巨大な電話、巨大なトイレットペーパー、巨大な泡立て器など、巨大なものが出現し、子どもたちがそこで自由に遊びます。電話は地獄につながったり、泡立て器は空に雲を湧きおこしたり、奇想天外な出来事をまきおこします。

こどものとも386号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

この絵本は1994年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

2月 24, 2006 1988年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きょだいな きょだいな:

» 【89】「きょだいな きょだいな」長谷川摂子さん作・降矢ななさん絵 トラックバック 【号外】やまねこ新聞社  
長谷川摂子さん、ほんとに得体が知れませぬ。 むむ・・「たいこたたきのパチャリントくん」に続き、 「きょだいな きょだいな」をご紹介します。 「スケール... [続きを読む]

受信: 2006/03/05 17:30:41

» 『きょだいな きょだいな』 トラックバック 親子で読む絵本 〜読み聞かせ日記〜
『きょだいな きょだいな』 あっと驚く巨大なモノで子どもが遊ぶ、愉快なストーリーです。 Yukiの評価: 星3つ ★★★☆☆ あらすじ... [続きを読む]

受信: 2006/04/12 1:28:58

コメント

いまだにどうしても、母親が読み聞かせの際に付けたリズムで歌ってしまいます。
今のチビには黒電話なんて、わかんないだろうなぁ(笑)。

投稿: しろ。 | 2008/05/31 18時11分

今日、読み聞かせで
用いました。何歳になっても、「大人が読んであげる絵本」だな。と実感いたしました。奇想天外、でも最後には、扇風機でそれぞれの子供達の父母のもとへ・・・。この本、大型絵本になったらサイコーです。

投稿: こるく | 2006/03/02 14時50分

コメントを書く