« 幼い子どもたちと私の詩    永瀬清子 | トップページ | いそがしいよる »

2006/01/06

クリスマスには くつしたを おわすれなく

1981年12月号
041009

角野栄子 さく 菊池恭子 え

編み物屋のナナさんはクリスマスには大忙し。ちくちく、あみあみ、注文を受けて靴下を編んでいきます。まずクマからスズメまで森の動物たち、次にはクジラからタコまで海の生き物たち、そして町の人たちはお相撲さんからお化けまでやってきます。でも最後にきたのは難しい注文でした。女の子がゾウの赤ちゃんが入るくらいの靴下を編んでというのです。クリスマスの心温まるお話です。

普及版こどものとも1981年12月号
26×19cm 28ページ 当時の定価220円

1月 6, 2006 「こどものとも年中向き」バックナンバー1981年 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスには くつしたを おわすれなく:

コメント

コメントを書く