« 1984(昭和59)年度にあったこと | トップページ | あーちゃんちは パンやさん »

2006/01/27

あのころのこと  福井恵樹

 「こどものとも」が創刊されてから、この3月号で600号になり、あらためてこれまでの全リストを見て、一度も欠けることなく毎月1冊の絵本が出つづけているのは、当たり前といえばそうだけれど、実際にそのなかで本作りをしてきたものとしては、ときに奇跡的なことにすら思えます。本作りの途中で、病気になる方がいらっしゃいました。それどころか、お亡くなりになった方さえいらっしゃいました。ですから、「奇跡的」という言葉を使っても、あながち誇張した言い方ではないのです。
 わたしが「こどものとも」にたずさわっていたのは、'70年代のなかばから'80年代のなかば過ぎまでの10年間ほどです。
 毎月、変わらず絵本を出しつづけていることでは、いまもあのころとなんら変わりはありません。でも、ずいぶん変わったなと思うことも多々あります。
 あのころ、多くの著者の方々が、ふらりとよく編集部にすがたを見せていらっしゃいました。

 たとえば、わたしたちに子どもの本のあるべきすがたを示し、向かう先に明かりを点してくださっていた瀬田貞二さんを思い出します。いま、わたしたちの会社は「おばあちゃんの原宿」ともいわれる巣鴨にありますが、そのころ、神保町のほど近いところにありました。肩から布製の頭陀袋を下げ、風呂敷を手にした瀬田さんが、いつものような、いくぶんはにかんだような笑顔で編集部を訪ねては、「今日は、神保町の古本屋でこんな本を手に入れてきましたよ」と言って、うれしそうに、頭陀袋から、また風呂敷から何冊もの本を取り出されました。そして、1冊ごとに、ページを繰りながら、「いいでしょう!」とうれしそうにその本について語られるのです。まだまだ編集部の人数も少なくて、いつのまにか、多くのものが瀬田さんを囲んで、瀬田さんの語りに耳を傾けていました。瀬田さんの語りは、本の魅力を伝えて余すところがありませんでしたから、だれもがその本を好きにならずにはいられませんでした。ときには、夕方になって、そのままお酒の席に場を移して、さらにそれがつづくことさえありました。

 堀内誠一さんは、もっとも頻繁に編集部を訪ねてくださった著者のおひとりでした。堀内さんは1974年から、パリ郊外に居を移されていました。ですから、そんなことはありえないのに、わたしには、ほとんど毎日堀内さんは編集部に来てくださっていたと思えてならないのです。それは、ひとつには、頻繁に堀内さんからの絵入りのエアログラムが編集部あてに届いたせいかもしれません。まだ、それほど海外に出ることがふつうではなかったころでしたから、エアログラムに描かれる絵入りの文面は、それだけでもわたしたちを刺激し、次にくるエアログラムを心待ちにしていました。また、年に何回か帰国なさると必ず編集部に足を運んでくださいました。エアログラムの堀内さんは雄弁ですが、実際にお会いしたときには、むしろ無口で、ときに取り付く島もない感じを受けることすらありました。でも、堀内さんがぼそぼそとつぶやく言葉のどれひとつもが新鮮で、わたしたちは聞き逃すまいと耳を傾けていました。堀内さんだったらどう思うだろうと、パリの堀内さんにあてて読み終わった本を送ったりしました。そして、同じような評価を述べられたエアロメールがくると、自分の評価が正当化されたようにうれしかったものです。

 それにしても、あのころ、どうしていろんな著者の方々があれほど頻繁に編集部を訪ねてきてくださったのだろう? 
 いまでは、原画は原寸で描く人のほうが多いのですが、あのころは、少し大きめに描いて縮小することも少なくありませんでした。縮小、拡大が自在にできる便利なコピー器などない時代です。最先端の道具といえば、計算尺ぐらいでした。多くの編集者が三角定規2本を使い、平行移動しながら、当たりをつけて縮小の目安にしたものです。
 一方、電話があってもファックスを持っている著者は少なかった、ましてやパソコンなどまだまだ普及していませんでした。原稿といえば、何度も書き直しのあとの残る原稿用紙に書かれたものでした。メールでやりとりするなどできもしなかった。
 編集者が著者のお宅に出かけたり、著者が会社まで原稿を持参してくださったり、編集者と著者との関係はうんと密だったように思うのです。

福井恵樹(ふくい しげき)
1943年、佐賀県唐津市に生まれた。慶応義塾大学文学部英文科を卒業後、冨山房を経て、1969年福音館書店入社。1975年より「こどものとも」の編集に携わり、1983年から85年まで編集長を務める。月刊「たくさんのふしぎ」編集部を経て2006年退職。翻訳に中南米の昔話『ふしぎなサンダル』(ほるぷ出版)、絵本『ぼくのぼうし』(ブックグローブ社)などがある。神奈川県在住。

1月 27, 2006 エッセイ1984年 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あのころのこと  福井恵樹:

コメント

コメントを書く