« ひとも いぬも そらとんだ | トップページ | ゆうちゃんと めんどくさいサイ »

2006/01/06

なおみ

1982年1月号
030310

谷川俊太郎 作 沢渡 朔 写真

「わたしの うまれる/ずっと まえから/なおみは いた/わたしのそばに」遠くを見つめるなおみ。何も話さないなおみ。あなたはいくつ? どんな夢を見るの? なおみという名の日本人形と一緒に過ごす幼い少女の日々を詩と写真で綴ります。斬新なテーマと表現に、話題をまきおこした絵本です。

こどものとも310号
26×19cm 32ページ 当時の定価250円

1月 6, 2006 1981年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なおみ:

コメント

この絵本は2007年10月に「日本傑作絵本シリーズ」からハードカバーで刊行されることになりました。どうぞお楽しみに。

投稿: 福音館書店宣伝企画課 | 2007/08/22 17時43分

先日、谷川俊太郎氏の映画撮影の紹介をしている番組で知りました。是非、ハードカバーでできなければ、年中版でもういちど。
 上手くてあたりまえ、よくできていてあたりまえの谷川俊太郎ですが、「月、人、石」のように写真との絵本がわたしはすきです。癒しのおおはやりの現在、対象とのはらはらどきどきの、底の知れない対象のそんな絵本がほしいです。

投稿: いちこ | 2007/08/11 15時41分

10年ほど前に父にもらって読みました。まだ小さかった私は、この本がすごく怖かったのにどうしても目がはなせませんでした。その後大事にしていたのですが引越しのドサクサにまぎれてなくしてしまいました。でも今でも強烈に印象に残っています。この本をくれた父は昨年亡くなってしまいましたが。父との思い出のこの本をもう一度読みたいと思っているので、今は復刊してくれることを祈っています。

投稿: 渡邉万里 | 2006/04/11 21時35分

コメントを書く