« ふりむけばねこ | トップページ | さんねんごい »

2006/01/27

石のししのものがたり

1984年8月号
030341

チベットの民話 大塚勇三 再話 秋野亥左牟 画

欲ばりでりこうな兄に家から追い出された、気は優しいけれどぼんやりした弟は、母親といっしょに丘のふもとで空き家を見つけ、薪を売って暮らしはじめました。ある日、弟が丘のかげで石の獅子を見つけ、山の守り神としてていねいにお祈りをすると、石の獅子は口から金をはき出し、弟と母は豊かな暮らしができるようになりました。兄はその話を聞き、まねをしますが……。

こどものとも341号
19×26cm 32ページ 当時の定価250円

1月 27, 2006 1984年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石のししのものがたり:

コメント

コメントを書く