2006/06/30

こどものとも50周年に思うこと  作田真知子

 50周年ということは、毎月一冊ずつ出版される「こどものとも」が600冊になったということです。それに増刊号3冊と途中からできた「こどものとも年中向き」200冊を加えると、あの薄さのあの大きさの絵本が803冊も出版されてきたということですね。
 その中から子どもたちが3代にわたって楽しんでいるロングセラーがたくさん生まれました。時代も違えば、生活環境も違うところで暮らす人々が、世代を超えて、「その話こうなんだよね。あそこがおもしろかったよね」と、心の中に共通の世界を持てるのは、思えばすごいことだなあ、と思います。変化の激しかった日本の文化の中でもめずらしい現象ともいえるのではないでしょうか。絵本というメディアの持つ力をあらためて目の当たりにした感があります。
 また絵本を作る側から見ると、この50年はじつにたくさんの人たちがその時代時代で、子どもに向けて自分を表現してきた歴史だとも言えます。子どもに向けてお話を語りたい人、子どもに向けてことばを発したい人、子どもに向けて絵を見せたい人。50年の間そういう人は絶えることなく、今もたくさん存在します。どうしてなのでしょう。作り手はみな大人なのにどうして大人に向けてではなく子どもに向けて自分を表現したいのでしょうか。「こどものとも」は子どもに向けた仕事の動機として一番多い、「子どもたちの教育のために」という姿勢は当初からとりませんでした。「子どもたちの楽しみのために」と考えてきました。ということは「こどものとも」で自分を表現したい、と思っている人は「子どもといっしょに楽しみたい」やむにやまれない欲求を内にかかえていると言えるかもしれません。

 子どもたちは、ほんものとにせものをすぐに見抜きます。同じおもしろいものでも、ほんものはなんどでも味わいたいし、にせものはすぐに飽きてしまいます。「子どもといっしょに楽しみたい」から、ほんものの楽しさを味わえる表現をめざす人がたくさんいたから、こんなにたくさんの「こどものとも」は誕生をくりかえすことができたのでした。
 私たち「こどものとも編集部」はそういう人たちとこれまでもこれからも仕事ができて、ほんとうに幸せだと思います! 何が子どもたちにとって、おいしくて栄養になる食べ物のように、楽しくていつまでも心に残る絵本なのか、模範解答などありません。なぜかというと絵本は一冊ずつ、うみだす親も違えば、親がたいせつにしていること、面白いと感じていることも違う。親が美しいと感じていること、愉快だと感じる絵も違う。まるでひとりの人間みたいなものです。だから模範解答などないのがあたりまえ。そのできかけの絵本の声に、耳をすまして、一冊ずつその絵本が求めているおもしろさ(それはかならずしもその親が求めているものがすべてではありません)をめざして努力するのが私たち編集部の仕事です。思いっきり自由に、思いっきり楽しい絵本をめざして。
 だから私たち編集部のひとりひとりは、いつもできかけの絵本の声が聞こえるように、自分自身のこころの耳を澄ませているようにするという、簡単なようでいてむずかしい仕事を背負っているとも言えます。ほんとうのことばに出会い、ほんとうの絵に出会い、ほんとうの楽しさに出会うために。そして毎月一冊のおもしろい「こどものとも」を子どもたちの心に届けるために。

作田真知子(さくた まちこ)
1971年、福音館書店入社。月刊誌「子どもの館」編集部などを経て、1984年より「こどものとも」編集部勤務、1994年より「こどものとも」編集長。

6月 30, 2006 2005年, エッセイ | | コメント (1) | トラックバック (0)

2005(平成17)年度にあったこと

個人情報保護法施行。(4月)
中国で、日本が国連安保理常任理事国入りを目指していることへの反発から、各地で大規模な反日デモが行われ、一部で暴動となった。(4月)
兵庫県尼崎市のJR福知山線で脱線事故。死者107名、約550人が重軽傷を負うJR史上最悪の惨事となった。(4月)
プロ野球初のセ・パ交流戦開始。(5月)
サッカー日本代表、バンコクでの北朝鮮戦に勝利し、W杯予選突破一番乗り。(6月)
大手機械メーカーの工場の従業員や周辺住民にアスベストによるガンなどの被害が相次いでいることが明らかになり、全国的にアスベストによる健康被害が問題になった。(6月)
郵政民営化関連法案が参議院で否決。小泉首相は衆議院を解散。(8月)
超大型ハリケーン「カトリーナ」がアメリカ南部に上陸。ニューオーリンズを中心に数千人の死亡などの大被害。(8月)

第44回総選挙で自民党圧勝。民主党惨敗。与党が議席の3分に2以上を占める。第3次小泉内閣発足。(9月)
郵政民営化法案成立。(10月)
千葉県の一級建築士がマンションなどで構造計算書を偽造していた問題が発覚。各地に耐震強度が不足しているホテルやマンションがあることがわかり問題化。(11月)
日本の人口が、統計を取り始めた1899年以降で初めて減少することが、厚生労働省の年間推計で分かった。(12月)
イタリアのトリノで第20回オリンピック冬季大会が開催され、日本は女子フィギュア・スケートの荒川静香が金メダルを獲得。(2月)

主なベストセラー:『頭がいい人、悪い人の話し方』樋口裕一(PHP研究所)、『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』山田真哉(光文社)、『これだけは知っておきたい個人情報保護』岡村久道、鈴木正朝(日本経済新聞社)
ヒット曲:『青春アミーゴ』修二と彰、『さくら』ケツメイシ、『四次元 Four Dimensions』Mr. Children

6月 30, 2006 2005年, そのころあったこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

ねぼすけスーザのはるまつり

2005年4月号
10432

広野多珂子 作

スーザは今年初めて春祭りに参加します。マリアおばさんといっしょに街にいって、ドレスにする赤い布を買ってもらいました。おばさんがドレスを縫ってくれるのを楽しみにしているあいだ、近所の人たちもみんなお祭りの準備で楽しそうです。やがて出来上がったドレスを着て、スーザは大喜び。ところが、それに合う靴がありません……。「ねぼすけスーザ」シリーズの6作目です。

こどものとも589号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

おひさまはともだち

2005年5月号
10457

正高もとこ さく

イヌのカンタは、どこにいても照らしてくれるお日さまを、自分だけの友だちと思っていました。ところがある日、カンタが散歩をしていると、ネコとウサギも「お日さまは俺の友だち」「ちがうよ、私の友だち」といいます。次の日は曇り空、お日さまは見えません。3匹は、お日さまを探すことにしました。地面の穴や木の上など探していくと、池の中でキラキラしているのを見つけました……。

こどものとも590号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ななちゃんの たんじょうび

2005年6月号
10485

あおやぎひろ江 さく おちあいよしえ え

今日はななちゃんの誕生日。酪農家であるおうちは、朝から牛のお産でてんてこまい。お母さんも誕生日の準備どころではありません。ケーキの用意もできていないのに、お友達がやってきてしまいます。どうなるのか不安で一杯のななちゃん。そんな中、おばあちゃんは、みんなで裏山に笹を採りにいくことにしました。採ってきた笹で餅米をつつんでゆでると、すてきなごちそうが……。

こどものとも591号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

モクレンおじさん

2005年7月号
10589

田島征三 作 酒井 敦 写真

地面に落ちたモクレンの実が集まって、モクレンおじさんが生まれました。散歩に出かけたおじさんが歌を歌うと、歌は赤い実の並ぶ音符になり、その実が集まって子イヌが生まれました。おじさんと子イヌは海辺に出かけて遊びましたが、子イヌが波にさらわれ、おじさんは涙を流して嘆きます。涙は鳥になり、子イヌは魚になったと教えてくれます。『ガオ』に続く、変幻自在な木の実の物語。

こどものとも592号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

どんぐりえんおばけ

2005年8月号
10614

こさかまさみ 作 さとうあや 絵

「どんぐりえん」に住んでいるおばけのクリリン。いつも子どもたちと一緒に遊んでいるのですが、だれも気づいてくれません。ところがももこ先生がお休みの日、すかさずクリリンはももこ先生に姿を変え、子どもたちとかくれんぼをして遊んだり、大張り切り。ところが本物のももこ先生がやってきて、大あわて……。ゆかいなおばけの楽しいお話です。

こどものとも593号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆりとかいがら

2005年9月号
10682

松居スーザン 作 川上越子 絵

ゆりは、ねこのジョージといっしょに海辺で砂のお城を作りました。きれいな石や色ガラスのかけら、海草も拾ってきて、お城の広間をかざりました。すると2匹のカニがやってきて、この広間が気に入り、そこで結婚式をすることになりました。やどかりが神父様になり、ふなむしや青い鳥もやってきてお祝いします。やがて波が打ち寄せると……。砂浜に繰り広げられる小さな美しいお話です。

こどものとも594号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒコリ ふねにのる

2005年10月号
10740

いまきみち 作

海の近くに住むヒコリは、ある日おじさんの船に乗せてもらい、初めての船の旅に出かけました。魚を釣りながらおじさんがいいます。「手をつないで次から次へと、やってくるものなーんだ」ヒコリは「波」と答えます。星を見たり、ペンギンや鯨を見たり、嵐に会ったりしながら、遠い海までひとめぐり。「なぞなぞ」をしながらお母さんの待つ港へ帰ります。刺繍で描かれた美しい絵本です。

こどものとも595号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ぽととんもりのゆうびんきょく

2005年11月号
10826

杉本深由起 さく 白石久美子 え

森のはずれに小さな郵便局がありました。毎日郵便物を集めてくるのはクマの局長さん。配達するのは小鳥たちです。ある日、局長さんは森の中で見慣れないポストがあるのに気がつきました。不思議に思って見ていると、なんとポストが動きはじめたではありませんか。誰かから手紙がほしかったタヌキのぼうやが化けていたのです。優しいクマの局長さんと、タヌキのぼうやの心温まる物語です。

こどものとも596号
26×19cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

たんたん たんてい

2005年12月号
10894

石川ミツ子 作 二俣英五郎 絵

「こどもえん」でお迎えを待っていた、あきらとけんたは、ふたりで探偵ごっこをして遊んでいました。そこにちょうど大きな袋を背負ったあやしい人影が園の建物に入ってくるではありませんか。人影は大きな袋を「おもちゃべや」に置きました。ふたりは勇気をだしてその大きな袋をつかむと、袋はゆらゆらゆれまがらふたりに向かってきたのです……。

こどものとも597号
26×19cm 28ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ぺこぺこライオン

2006年1月号
10993

きむらよしお さく

草原の朝。ライオンが目を覚まします。ラクダも目覚めます。ライオンは、ラクダを捕まえようと追いかけます。ラクダは驚いて逃げます。ライオンのスピードがゆるむとラクダもスピードをゆるめ、ライオンがスピードを上げるとラクダもスピードを上げて……。追うものと追われるもの、その緊張関係を描く果てしない物語を、ちょっとユーモラスに描いた絵本です。

こどものとも598号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

もりのスケート

2006年2月号
11027

菊池日出夫 さく

ひでちゃんは、ごろちゃんたちと連れだって森の中の池へスケートにいきました。そこには池の氷に穴をあけてワカサギ釣りをしているおじいさんがいました。鬼ごっこをして遊んでいましたが、ごろちゃんが勢いあまって、ワカサギ釣りの穴に足を突っこんで足をぬらしてしまいました。するとおじいさんは、すわっていた椅子のふたをあけてコンロにすると……。「のらっこの絵本」最新作。

こどものとも599号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

いろ いきてる!

2006年3月号
11112

谷川俊太郎 作 元永定正 絵

真っ赤な色が画面いっぱいに流れています。「あ、いろ、いきてる」それから色は、次々に変化して、怒ったり、泣いたり、おしくらまんじゅうをしたり、飛び散ったり、集まったり、消えそうになったり……絵本の中いっぱいに形を変え、色を変えて動きまわります。いつも斬新な絵本をつくってきた、谷川俊太郎さんと元永定正さんによる「こどものとも」600号です。

こどものとも600号
19×26cm 32ページ 定価410円(本体390円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとだけ

2005年4月号
10431

瀧村有子 さく 鈴木永子 え

赤ちゃんが生まれてママは忙しそう。なっちゃんは初めて自分の事をひとりでしてみます。「ちょっとだけ」うまくできました。眠くなったなっちゃんはママに「ちょっとだけ」だっこしてとお願いします。すると、ママは「ちょっとだけじゃなくて、いっぱい、だっこしたいんですけど、いいですか?」といってくれたのです! 子どもたちの小さな胸を温かく包んでくれる絵本です。

こどものとも年中向き229号
26×19cm 32ページ 定価380円(本体362円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (1)

きよぼう きょうは いいてんき

2005年6月号
10484

白石清春 文 西村繁男 絵

「今日は、いい天気だよ」といって、手足の不自由な男の子きよぼうのお母さんが庭にござを敷いてくれました。知的好奇心の旺盛なきよぼうは、ござをうまく動かし庭を移動して、アリが青虫を運ぶのを観察したり、隣の子とどろだんごを作ってままごと遊びをしたりします。子どもらしい好奇心や喜びが、素直でみずみずしい文章で綴られ、春の光や空気の感じ取れる絵で描かれています。

こどものとも年中向き231号
26×19cm 32ページ 定価380円(本体362円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

おばけのおつかい

2005年7月号
10588

西平あかね 作

おばけ家族は、日曜日、くものす森に大好物のクモの巣をとりにきました。たくさんとれたので、おばけの姉弟さくぴーとたろぽうは、2人だけでおばあちゃんの家に届けにいくことになりました。無事におつかいができると、今度はおじさんの家にキノコを届けに。家を間違えてしまいますが……。『おばけかぞくのいちにち』に続く「さくぴーとたろぽーのおはなし」第2作。

こどものとも年中向き232号
19×26cm 28ページ 定価380円(本体362円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (1)

こんやは はなびたいかい

2005年8月号
10613

きしだえりこ さく あべはるえ え

今夜は花火大会。動物園の動物たちも花火見物をします。寝転んで悠然と見物するゴリラ、びっくりして負ぶっていた子どもを落としそうになるコアラ、驚いてみんなで肩を寄せ合うキリン、目をぱちぱちするカバ、ゆっくり目をあけるワニ、合唱を始めるオオカミ、きれいさを競い合うクジャク、全然気にせず食べつづけるカピバラなどなど、いろんな動物たちのおかしな表情が楽しめます。

こどものとも年中向き233号
26×19cm 28ページ 定価380円(本体362円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (1) | トラックバック (0)

りすのあかちゃん

2005年9月号
10681

高野けい子作 花房葉子絵

森にリスの赤ちゃんが生まれたので、森の動物たちはひとりずつ赤ちゃんを見にいきます。本当は会うことはできなかったのですが、それぞれ「リスのあかちゃんはこんなふうだったよ」と報告しあいます。でもみんなの話は食い違い、なぜか、ウマに似た赤ちゃんだったり、サルに似た赤ちゃんだったり。そこでみんなでもう一度赤ちゃんを見にいくと、赤ちゃんはリスのお母さんにそっくりでした。

こどものとも年中向き234号
19×26cm 28ページ 定価380円(本体362円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

チョウスケとおつきさま

2005年10月号
10739

劉 郷英 さく 張 治清 え

満月の夜、子グマのチョウスケが散歩にでかけると池にもうひとつ月がありました。家に持って帰ろうと、池の中に入り手ですくい取ろうとしますが、何度やってもすくうことができません。そこで籠を使ってすくってみますが、やはりできません。今度は桶をもってきてやってみると大成功。でも家の中に入ると月が消えてしまいます。そこでチョウスケは家の前で2つの月をながめながら……。

こどものとも年中向き235号
19×26cm 28ページ 定価380円(本体362円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

チャイくんはいく

2005年11月号
10825

平島平太 さく

ある日、ひょうたん島に住むチャイくんに友だちのポッキーから、引っ越したので遊びにきてね、というはがきが届きました。さっそく、チャイくんは出かけました。町にいってレンタルアニマルやさんでツノウシくんを借り、海辺ではセイウチを、ジャングルではゾウくんと乗り継ぎ、ポッキーの家で楽しい一夜を過ごします。絵探しの楽しみも盛りだくさんの、色彩豊かな絵本です。

こどものとも年中向き236号
19×26cm 32ページ 定価380円(本体362円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

ポッ・スットン

2005年12月号
10893

野坂勇作 さく

あーちゃんはおばあちゃんに、明日の自分の誕生日にきてねと、手紙を書きました。その大事な手紙を家の前のポストに入れますが、大雪で郵便の集配の車がなかなかやってきません。心配するあーちゃんのため、ポストは自分で歩き出し、山のおばあちゃんの家を目指して雪の道を進んでいきます。深い雪に立ち往生するポストですが、道々で、意外なものがポストの背中を押し、助けてくれました。

こどものとも年中向き237号
19×26cm 32ページ 定価380円(本体362円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

じいちゃんとうま

2006年2月号
11026

横内襄 さく

しんさくじいちゃんの家では馬を飼っています。大きくて力も強いけれど、おとなしい馬です。じいちゃんと馬は一緒に仕事に出かけます。山で椎茸作りの仕事をしていると、村の人から電話がありました。車が田んぼに落ちて困っているから、じいちゃんと馬に助けて欲しいと言うのです。じいちゃんと馬は、さっそく田んぼに駆けつけて、みごと、車を引っ張り上げました。老人と馬の日々を描きます。

こどものとも年中向き239号
19×26cm 28ページ 定価380円(本体362円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)

まよなかのおはなみ

2006年3月号
11111

星野はしる さく 菅野由貴子 え

満月の夜、ぼくがお父さんと散歩していると、電信柱が灯籠と連れだってお花見にいくのに出会いました。ポストや狛犬も一緒になって、川の土手を目指します。土手の大きな桜の下には、信号機や公衆電話など、これもふだんは動かないものたちが集まっていました。年に一度のお花見の会だったのです。そして桜の木の下から掘り出したかめには、去年の桜の花びらを集めて作った、花びら漬けが……!

こどものとも年中向き240号
26×19cm 32ページ 定価380円(本体362円)

6月 30, 2006 2005年, 「こどものとも年中向き」バックナンバー | | コメント (0) | トラックバック (0)