« 七がつエイサー | トップページ | ねずみたいじ »

2005/12/09

でんしゃがはしる

1978年6月号
030267

山本忠敬 さく・え

山手線の電車は東京の町をぐるぐるまわって走っています。外回りの電車は品川駅を出ると、京浜急行と立体交差、貨物列車とすれちがい、五反田駅では池上線と、目黒駅では目蒲線と出会います。渋谷、新宿、池袋、上野、神田、東京……と、山手線の電車がいろいろな電車とすれ違ったり、併走したりしながら、一周する様子を、山本忠敬が描きます。

「こどものとも」267号
19×26cm 32ページ 当時の定価200円

12月 9, 2005 1978年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: でんしゃがはしる:

コメント

この年は1年間取っていたようで、表紙はすべて見覚えがあります。
どの本もそれぞれに思い入れがあるのですが、この絵本の「立体交差」という言葉が、当時の私には「大人の言葉!」と感じられ、お気に入りだったのを思い出します。
当時は都内に住んでいたのですが、小学校入学と同時に地方に引っ越すことになり、東京を感じられる絵本だったことも、私のお気に入りだった由縁かもしれません。
今は手元にないのが残念です。

投稿: ゆかり | 2006/11/09 21時19分

コメントを書く