« マフィンおばさんのぱんや | トップページ | てっちゃん けんちゃんと ゆきだるま »

2005/12/22

ひでちゃんの にっき

1981年1月号
030298

永瀬清子 さく 堀内誠一 え

お正月のごちそうのなかのしっぽのあるまるいもの。小人の洗濯物みたいな春の梅の花。鉄棒から落ちてしまったのは遠い雲の底。はじめてリールで釣りをしてかかった小さな赤いうれしいタイ。山で見た、露をつけたクモの巣のハンモック。ほしいのは日に光るススキの色のセーター……。ひでちゃんという子どもの視点を借りて詩人永瀬清子が15編の詩を書き、堀内誠一が絵日記の体裁で絵をつけました。

「こどものとも」298号
19×26cm 32ページ 当時の定価200円

作者永瀬清子さんのエッセイはこちらをご覧ください。

12月 22, 2005 1980年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひでちゃんの にっき:

コメント

コメントを書く