« パンのかけらとちいさなあくま | トップページ | よるのびょういん »

2005/12/16

くさやきのうた

1979年10月号
030283

おくやまたえこ さく・え

春、カタクリの花が咲く林では草や木の芽が顔を出します。やがてタンポポの花が咲き、ミツバチが花に群がり、木の葉がぐんぐん広がるころ、キジバトの夫婦は巣をつくります。季節がめぐり、木や草が成長すると、動物や昆虫たちは木や草を巣や隠れ家にしたり、遊び場にしたり、実を採ったりして過ごします。草木や虫や小動物の姿を精確なスケッチに基づき、柔らかなタッチで描きだします。

「こどものとも」283号
19×26cm 32ページ 当時の定価200円

12月 16, 2005 1979年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くさやきのうた:

コメント

コメントを書く