« 福音館書店から(第23回) | トップページ | <作家インタビュー>『はるにれ』が生まれた日    姉崎一馬 »

2005/12/09

1978(昭和53)年度にあったこと

キャンディーズさよならコンサート(後楽園球場)に5万人が集まる。(4月)
東京池袋に日本最高の60階建て「サンシャイン60」が開業。(4月)
大韓航空機が北極圏を飛行中にソ連の領空を侵犯したとして強制着陸させられ、銃撃戦で日本人1人を含む2人が死亡。(4月)
新東京国際空港(成田空港)開港。(5月)
宮城県沖地震、仙台を中心に東北・関東地方を襲う。死者28人、負傷者1325人。(6月)
東京両国の「隅田川花火大会」が17年ぶりに復活。(7月)
日中平和友好条約調印。(8月)
京都の市電が全廃される。(9月)
青木功がゴルフの世界マッチプレー選手権で日本男子初の海外優勝。(10月)

南米ガイアナで新興宗教「人民寺院」の914人が集団で服毒自殺。(11月)
江川卓がプロ野球ドラフト制度の「空白の1日」を主張し巨人と入団契約したが認められず、球界紛糾。(交渉権を得た阪神にいったん入団し、巨人の小林繁選手とトレードして巨人入りすることとで決着。79年1月)(11月)
第一次大平正芳内閣成立(12月)
米国のダグラス社とグラマン社が航空機の売り込みに関連して日本政府高官などへ販売促進料やコンサルタント料として多額の手数料を支払っていた疑惑が発覚。「第二のロッキード事件」として政界を揺るがした。(1月)
大阪の三菱銀行北畠支店に猟銃を持った男が押し入り人質をとってたてこもり、行員2人、警官2人を射殺。犯人は射殺された。(1月)
渡部絵美が世界フィギアスケート選手権で、日本女子初の銅メダル獲得。(3月)


主なベストセラー:『和宮様御留』有吉佐和子(講談社)、『不確実性の時代』ガルブレイス(TBSブリタニカ)、『不毛地帯』山崎豊子(新潮社)
テレビ:『銀河鉄道999』(フジテレビ)、『西遊記』(出演 夏目雅子・堺正章・西田敏行・岸部シロー他・NTV)、『演歌の花道』(東京12チャンネル)、『熱中時代』(主演 水谷豊・NTV)など放送開始。
新商品:ウェットティッシュ(和光堂)、レーザーディスク・プレーヤー(パイオニア)、ステンレス製魔法瓶(日本酸素)
ヒット曲:『UFO』『サウスポー』『モンスター』ピンク・レディー、『君のひとみは10000ボルト』堀内孝雄、『微笑がえし』キャンディーズ
この年に登場したもの:ゲーム「スペースインベーダー」(タイトー)、米国産サクランボ(輸入自由化)、初の日本語ワードプロセッサー(東芝)、「いい日旅立ち」キャンペーン(国鉄)

福音館書店では:少年少女向き物語シリーズ「福音館土曜日文庫」刊行開始(『ゲラダヒヒの紋章』『スッパの小兵太』4月)

12月 9, 2005 1978年そのころあったこと |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1978(昭和53)年度にあったこと:

コメント

 1975年、77年に生まれの娘2人が近くの幼稚園に入って、初めて「こどものとも」を知りました。
 園を通じて手にする「普及版」が、我が家にとって、初めての「児童書」との接点でありました。
 ところが、夫の方がのめり込み始めて、それだけでは物足りなくなってのことか、少ない小遣いにもかかわらず、その中から毎月かなりの額を子供たちが喜びそうな本の購入費に割いておりました。
 東京こども図書館が出された、厚手の小冊子「推薦図書一覧」や「おはなしのほん」を全冊入手したりして、翌月の購入予定を立てるものの、毎回、それまで待てずにヤキモキしていた程でした。
 小学校の小学~中学年、そして一部は高学年の対象本まで、続いていたのでしょうか。

 結局、それら全ては2004年に処分せざるを得なくなったのですが、貴社、そして岩波の本を中心に、かなりの冊数になっておりました。
 夫が定年退職を機に遠隔地に転居することになり、共に暮していた娘たちとも別れることのなったのですが、一冊一冊に思いでの沢山こもった本の処分方法を検討せざるを得なくなったのです。
 残念なことに私らの転居先にも、勿論、娘のアパートにも収容スペースがなかったからです。
 お世話になった幼稚園に貰っていただくことにして、ご意向を伺ったところ、どうにかお引き受けいただくことになり、ホッと致したものでした。
 何しろ一時は、体裁は上々でも、子らの名前入りの古本など相手にされないだろうと思って、市の焼却場行きすら考えていたのです。
 園の方では、最初「子らの名前入り」という話しには大分抵抗がおありのようでしたが、お持ちして、実際に見ていただいたところ、とても喜んでいただけました。
 どうにか、二度の務めを果たせる形になって、喜んだものです。

 すっかり忘れていた中で、今回の貴社新聞広告「文庫4周年」を目にし、そしてホームページでの「こどものとも50周年」についても知ったところです。
 我が家においては、子らの成長期、それ以上に、その後において、どれほど大きな影響をもたらしたものかは計り知れません。
 ありがとうございました。
 こどもたちに、いつまでも,
夢を与えていただけますように。

投稿: shizuko | 2006/06/18 14時28分

コメントを書く