« 1973(昭和48)年度にあったこと | トップページ | おなかのかわ »

2005/11/04

<作家インタビュー>『やっぱりおおかみ』が生まれた日  佐々木マキ

 僕が作った初めての絵本で、絵本というものがどういうものか、ほとんど知らなかったんです。それまで僕、マンガ描いてましたんでね。絵本を描きたいという気持ちはあったんですが、他の方の絵本を見て勉強する、ということもなかった。絵本を知らなくて、絵本て何やってもいいんだ、ぐらいにしか思ってなかったですから。傾向と対策みたいなこと、例えば、お話の上で起承転結をつけるとかを勉強してたら、こんなふうにできたかどうか。
 おおかみを主人公にしようと決めた時点で、こんなふうに主人公がひとりぼっちのままという展開が、頭の中にあったんでしょうね。シルエットのおおかみが、仲間といっしょにたくさん暮らしてても、おもしろくも何ともないですから(笑)。異質な、というか場違いな感じが、シルエットにすることによって絵の上でもかなり出てると思います。

 湿ってるとかいうのが、自分でいやなんですね。もし、この絵本でも、描き手がもっとこのおおかみに感情移入してたら、それこそ、いやーな絵本になってたと思いますけれど。描いてる人が、かなりこのおおかみをつきはなしているんですね。
 僕、自分のことを本当はセンチメンタルだと思ってるんです。自分というものをそんな形で出しはじめたら、とめどなくなるような気がして。よく自己表現ていいますけど、自己表現て何かなあって思います。そんなに表現するほど、自己ってたいしたもんだろうかって。自分ではなく作品。見ていただくもの。平たくいえば見せものですよね。それに徹した方が、エンターテインメントとして上質じゃないかっていう気は、昔からしています。
 自分ていうのは、どんなに隠しても、作品に出てくるものですから。それで十分じゃないかと。
 
 子どもの時、文字が読める前から、マンガを見てました。貸本マンガというのが盛んで、各町内に貸本屋さんがあるんですね。近所の子どもどうしで、それぞれ借りてきたものを回し読みしてましたから、ものすごい効率、たいへんな読書量ですよね(笑)。
 やっぱり、手塚治虫はすごいと思ってました。それから杉浦茂。杉浦さんこそ、見せものに徹した人でしたね。ただもう、目の前の子どもをおもしろがらせたいって思いで。それが思いだけでなく、成功している。
 杉浦さんのマンガを見ると、お話なんかどうでもよくなるんですよね。しり切れとんぼみたいに終わることもあるんですけど、まあそんなことどうでもよくて。1コマ1コマが本当におもしろくて。あんなに子どもを幸せな気分にしたマンガ家ってのは、いなかったんじゃないでしょうか。
 それに比べれば、手塚さんのマンガには暗くて難しいところもあるし。やっぱり、大きなテーマ、みたいものがありますしね。……うん、杉浦さん、何もなかった(笑)
  (「こどものとも年中向き」2000年11月号折込付録より一部省略して再録)

※杉浦茂の作品は、『猿飛佐助』(ちくま文庫)、『少年西遊記』『少年児雷也』(河出文庫)、『杉浦茂マンガ館(全5巻)』(筑摩書房)などでお読みいただけます。

佐々木マキ(ささき まき)
1946年、神戸市生まれ。京都市立美術大学中退。漫画家、イラストレーター、絵本作家。絵本に『やっぱり おおかみ』『くった のんだ わらった』『おばけがぞろぞろ』『ぼくとねずみの いそげ、じどうしゃ!』『まじょのかんづめ』『そらとぶテーブル』(以上、福音館書店)、「ねむいねむいねずみ」シリーズ(PHP研究所)、『ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします』(絵本館)など、多数がある。京都市在住。

11月 4, 2005 1973年, エッセイ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201088/15183244

この記事へのトラックバック一覧です: <作家インタビュー>『やっぱりおおかみ』が生まれた日  佐々木マキ:

» やっぱりおおかみ トラックバック わくわく本
やっぱりおおかみ ささきまき/文・絵  福音館書店    ぼくの大好きな漫画家である佐々木マキは、いつの間にか大好きな絵本作家にもなりました。「ねむ... [続きを読む]

受信: 2005/11/08 18:42:23

» やっぱりおおかみ トラックバック Notebook
やっぱりおおかみposted with amazlet on 05.11.11ささき まき 福音館書店 (1977/04)売り上げランキング: 25,728おす... [続きを読む]

受信: 2005/11/20 17:31:02

» 高校中退・ニートだって、自立することはできるんです トラックバック まこちんち
この人すげぇ。 僕は以前、高校中退者・不登校生のサポート校で働いていました。 たくさんの卒業生を見てきましたが、やっぱり思うのは、 「この... [続きを読む]

受信: 2007/01/20 19:47:17

コメント

私が幼稚園の頃からずーーーっと大好きな佐々木マキさん。
当時から女性の方だとずっと思っていましたが男性の方だったんでビックリしました!
そんな私ももう中3になりました。
「ねむいねむいねずみ」シリーズと「ぶたのたね」が一番のお気に入りです。
佐々木先生の絵がものすごく大好きで、今私が落書きしたりする時に描く絵はその影響をすごく受けています。目が点だったりシンプルな線で描かれていたり…。
本当に影響を受けました。ありがとうございます!

投稿: あおい | 2006/12/16 10時53分

コメントを書く





絵文字を挿入