« こしおれすずめ | トップページ | あな »

2005/11/24

こうさぎのクリスマス

1976年12月号
030249

松野正子 さく 荻 太郎 え

両親がキツネに追われたまま帰ってこないので、兄ウサギのラビーと妹ウサギのルビーは、二人だけで暮らしていました。森で薪をひろいながら、他の家にはどこもクリスマスツリーが飾ってあるのを見て、ラビーはルビーに「うちにはサンタクロースなんかこないよ」といいます。でも二人はそっとお互いのためにクリスマスの贈り物を……。心にしみいるお話が柔らかなタッチで描かれます。

「こどものとも」249号
19×26cm 32ページ 当時の定価200円

11月 24, 2005 1976年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こうさぎのクリスマス:

» 【141】「こうさぎのクリスマス」松野正子さん作・荻太郎さん絵 トラックバック 【号外】やまねこ新聞社  
「こどものとも」の復刻セットが発売されてますよね。 あ〜、欲しいデス!(当面、手は出ません・・悲☆)復刻された本たちよ!ヨカッタなぁ〜♪ それにして... [続きを読む]

受信: 2005/11/26 15:45:29

コメント

「こうさぎのクリスマス」大好きな絵本です!!

投稿: sunumaru | 2005/12/03 21時31分

静かな絵本です。荻太郎さんの絵は「つつましさ」が感じられるとても静かな画風なんです。
ふたりの兄妹のお互いを思いやる、やさしい気持ちが素敵な物語ですね。
ほんとうの幸せということを考えてしまいます。なんでもないことが、実はほんとうの大きな幸せにつながっているのだということを感じさせてくれる物語ですね。
ぜひ、ハードカバーでの出版をお願いしますよ。

投稿: 山猫編集長 | 2005/11/26 13時55分

コメントを書く