« まっかっかなむすめがまどからのぞいている | トップページ | ババヤガーのしろいとり »

2005/11/04

まのいいりょうし

200号記念増刊号2
033002

瀬田貞二 再話 赤羽末吉 画

猟師は息子の七つの祝いのために、山に猟にいきました。池に13羽のカモがいて、筒がへの字に曲がった鉄砲で岸近くの1羽を撃つと、弾がジグザグに飛んでいって12羽に命中し、13羽目にも傷をおわせました。傷を負ったカモが暴れると、大きなコイがとびあがって藪に落ち、藪にいたヤマドリは首が折れて……。幸運が幸運を呼び、ごちそうをどっさり手に入れる、おめでたい昔話です。

「こどものとも」200号記念増刊号2
26×19cm 32ページ 当時の定価150円

11月 4, 2005 1973年, 「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201088/15183231

この記事へのトラックバック一覧です: まのいいりょうし:

コメント

初めて、ストーリーテリングで語っていただいたお話です。
とてもラッキーで楽しいお話でしたので、自分もこれを語りたいと思い、覚えているところです。
先日、機会を頂いて小学2年生の子供達の前で読んだところ、子供達はとても熱心に、つっこみを入れながら聞いてくれました。嬉しかったです。

投稿: 平井陽子 | 2006/02/20 19時47分

コメントを書く





絵文字を挿入