« うおがしのあさ | トップページ | まっかっかなむすめがまどからのぞいている »

2005/11/04

さらわれたりゅう

1974年1月号
030214

今昔物語より 沼野正子 さく・え

昔、ある村では日照りの夏になると、池のまわりで龍神に雨乞いのお祭りをしていました。岩山に住む天狗は、龍ばかりが奉られるのをくやしく思っていましたが、龍が小さな蛇の姿になって昼寝しているとき、トンビの姿になって、蛇をつかまえると山の岩のすきまに閉じこめてしまいました。次に天狗は、祭りをおこなっていたお坊さんをさらってきますが……。今昔物語の話をダイナミックに描きます。

「こどものとも」214号
19×26cm 32ページ 当時の定価150円

11月 4, 2005 1973年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらわれたりゅう:

コメント

コメントを書く