« <作家インタビュー>『やっぱりおおかみ』が生まれた日  佐々木マキ | トップページ | ねずみのおいしゃさま »

2005/11/11

おなかのかわ

1975年2月号
04-1007.jpg

瀬田貞二 再話 村山知義 絵

ねことおうむは相談して、毎日かわるがわる相手をよんでごちそうすることにしました。ところがよくばりなねこは、おうむが出したごちそうを二人分全部たいらげたあげく、おうむも、おばあさん、ろば、王様の行列まで、まるのみにしてしまいます……。 「こどものとも」32号のお話を瀬田貞二による再話に変更し、絵も村山知義が描きなおした新版です。

「普及版こどものとも」1975年2月号
26×19cm 28ページ 当時の定価130円

11月 11, 2005 「こどものとも年中向き」バックナンバー1974年 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おなかのかわ:

» 『おなかのかわ』瀬田貞二再話:村山知義絵(福音館書店) トラックバック ケータイは子供を守るの?情報モラルってなんだろな
#63716;「自分って、頭が固い#63914;」と気付かせてくれる絵本です。#63901; けちんぼのネコは、オウムが出してくれたごちそうにも満足できず、オウムを飲みこみ、人間やロバ、ゾウまで丸飲みにしてしまいます。 (福音館書店より) 表紙の絵は↑から見る..... [続きを読む]

受信: 2009/04/13 10:58:12

コメント

コメントを書く