« おおきなひばのき | トップページ | トケビにかったバウィ »

2005/11/11

つつみがみっつ

1975年1月号
030226

土屋耕一 さく たざわしげる え

「るすにする」「かるいきびんなこねこなんびきいるか」「このこどこのこ」「このみくんさんねんさんくみのこ」「ようかんかうよ」「ぞうかもかうぞ」……。前から読んでも後ろから読んでも同じ文(回文)のオンパレード。言葉あそびの楽しさを、軽やかな絵とともに満喫する絵本です。

「こどものとも」226号
19×26cm 32ページ 当時の定価150円

11月 11, 2005 1974年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つつみがみっつ:

» 回文 トラックバック ぴょん吉の日記
小学生の頃、授業で「回文」というものを習った。「さかさまから読んでも同じに読める [続きを読む]

受信: 2006/08/09 15:06:49

コメント

私もこの本を探していました。

タイトルは覚えていなかったのですが、とても印象的でした。
「わかいかわ」「かるいきびんなこねこなんびきいるか」
「てつだうよなんどもどんなようだって」などなど
思い出しては、子どもに聞かせてます。

ぜひ手に入れて、見てみたいです。

投稿: ぺこ | 2008/09/09 23時16分

私もこの絵本を探しています。
どうしてももう一度読み返したくて、夢にまで出てくるくらいです。
なんとか復刊してほしい、せめて全国の図書館に置いて欲しい・・・母や妹との思い出のお話なので、福音館さん、お願いします!!!

投稿: ちか | 2008/04/07 22時58分

30年前、姉弟3人で、何回も繰り返し読みました。小学校の教員になり、国語の授業で「回文」がでてくるため、ぜひ子どもたちに読み聞かせたいな、と思いましたが、絶版と聞き、とても残念です。
実家に残っていないか探しにいきましたが、さすがにとってありませんでした。
この本を探しているといったら、いまやおじさんになった弟が二人とも
「かなものやのさき さのやのもなか」
「このみくん さんねんさんくみのこ」
と、本のなかの回文をいくつも思い出して、口にしていました。
それだけ印象的な本だったのでしょう。
ぜひ、もういちど読んでみたいものです。

投稿: ぼびすけ | 2006/01/23 21時50分

私が保育園に通っている時に母が毎月、購入してくれてた
頃の絵本で最近になってふと思い出したのですがどうしてもタイトルが思い出せず、きになったままでした。わが娘にも読んでやりたいと思うのですがやはり購入は無理なのでしょうか?

投稿: なつママ | 2005/12/04 22時07分

私も子どもの頃気に入っていて、自分が母親になってから
また買いたいと思っていた本です。回文の作り方が秀逸です。
回文だけでストーリーになっているんですもの。
レンゲさんがおっしゃるように絶版なのでしょうか、残念です。

絶版された本をリクエストによって再販してもらおうという活動を
している掲示板があるのですが
(多くの方がご存知かと思いますが有名なページですね)
そこの活動により再販が決まったと別の掲示板で見たことがあり
勢いづいて福音館のホームページやオンライン書店を探したのですが
検索できなかったことがありました。
やはり絶版なのでしょうか。

ぜひぜひ、再販をご検討頂きたい一冊ですね。
ご担当様よろしくお願いします。

投稿: 菜摘 | 2005/11/20 12時46分

友人がとっても気に入っていたのに手に入らないと言っていました。
偶然見つけて読んだんですが、回文が面白くて、楽しい絵本でした。
また読みたいですけど、絶版なんですよねぇ?

投稿: レンゲ | 2005/11/18 12時42分

コメントを書く