« とびうお | トップページ | だれかがぱいをたべにきた »

2005/10/14

たなばたまつり

1970年7月号
030172

熊谷元一 さく・え

七夕祭りがきました。ちよこちゃんたちは六日の朝、里芋の葉から取った露で墨をすり願いごとを書いた短冊や、切り紙細工を竹に飾り、七夕人形に自分たちの着物を着せて軒下につるします。とりたての野菜を台にならべ、豊作を祈ってお供えをします。七日には、朝、お墓の掃除にいき、夜には提灯をもって歌をうたいながら町を練り歩きます。昔ながらの七夕の民俗をていねいに描いた絵本です。

「こどものとも」172号
26×19cm 28ページ 当時の定価100円

10月 14, 2005 1970年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たなばたまつり:

» 絵本『たなばたまつり』 トラックバック このはなみ★録
月刊予約絵本 こどものとも 172号 『たなばたまつり』 熊谷元一さく/え 1 [続きを読む]

受信: 2005/10/19 0:07:03

コメント

子どもの頃の七夕の日の情景がよみがえってきます。里芋の葉に降りた朝露で墨をすり短冊を書く場面。おほうとうを家族みんなで頂く場面。私が幼かった頃にもすでに見られなくなっていた光景で、幼心にも懐かしさを覚えました。
ぜひまた読んでみたい一冊です。

投稿: ゆみこ | 2006/03/13 22時08分

コメントを書く