« おおむかしの むら | トップページ | すもうにかった びんぼうがみ »

2005/10/28

てぶくろくろすけ

1973年2月号
030203

川崎 洋さく 長 新太え

手袋の一家ではみんな右と左が一緒になって眠っていました。手袋のくろすけは、片一方だけで部屋をぬけだし雪野原で遊びまわるうち、坂道をすべりおち“てぶくろこどもこうえん”に着きました。そこではたくさんの手袋の子どもたちが遊んでいましたが、みんな左右いっしょで、ひとりだけのくろすけは仲間に入れてもらえません。長新太が手袋の世界をシンプルな配色で描きます。

「こどものとも」203号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

10月 28, 2005 1972年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: てぶくろくろすけ:

» ■『てぶくろくろすけ』川崎洋/長新太 トラックバック 絵本日記
てぶくろたちはみんな左右ペアで生活をしています。でも、ある日、てぶくろくろすけはみんな眠ると相方をほおっておいて、一人でそうっとへやを抜け出しました。 て... [続きを読む]

受信: 2005/10/30 17:15:28

コメント

子どもの頃、家で講読していたので、全部リアルタイムで読みました。この時期の本は今も全部持っていて、今では私の子どもが読んでいます。数ある絵本の中でも、この本は大好きな1冊。てぶくろをするのが、とても楽しかった記憶があります。

投稿: いのくまひろこ | 2005/12/06 13時22分

 次男が3才、たいへん気にいった絵本です。
 ああ、長新太さんだったんだ、と改めて思いました。
 孫育てになってから、ハードカバー版を買いました。女の子のせいかあまり喜びませんでした。
 たくさんのてぶくろが、おどりまわっている場面が好きです。

投稿: いいだよしこ | 2005/11/03 16時16分

コメントを書く