« おひゃくしょうとえんまさま | トップページ | みんな おいで »

2005/10/07

くろおおありの くろ

1969年8月号
030161

馬場喜敬 さく 飯田四郎 え

クロオオアリのくろは働き者。あおむしをつかまえて、女王アリや幼虫の待つ巣に運び仲間にわたします。こんどは木に登って、カブトムシやハチといっしょに甘い汁を吸ったあと、木のてっぺんまで登っていくと、強い風が吹いて、空高く飛ばされてしまいました。見覚えのない場所で、くろは子ネコに爪で引っかけられそうになり……。アリの生態に即しながら、美しくデザインされた絵本です。

「こどものとも」161号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

10月 7, 2005 1969年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くろおおありの くろ:

» 子供の時の読書 トラックバック magnoria
「星の王子さま」のことを書いていて、私の尊敬する作家大佛次郎が晩年折にふれて「星の王子さま」のような童話を書きたいと漏らしていたということを思い出した。晩年の大... [続きを読む]

受信: 2006/03/14 21:57:08

» 私は生きものが好き トラックバック magnoria
  私は生きものが好きだ。動物だけでなく、虫や魚も好き。動物が好きということは、あまりにもあたり前のことでごく自然なことのような気がする。普通の人が、人間が嫌いだから寂しいから動物が好きということではなく、人間も動物も虫も魚もすべて同じいのちだということ、神が与えたその造化の美しさが素晴らしいと思う、そういう理由で。 私がなぜ動物や虫や魚が好きかというと、やはり物心つく時から犬や小鳥や金魚や虫に親しんで育ったからだと思う。私の家は田舎にあり、しかも屋敷内が広いので遊び友達がいなくてい...... [続きを読む]

受信: 2009/08/29 8:49:03

コメント

くろがやまとしじみの幼虫のせなかから蜜をもらうシーンがとても美味しそうで好きでした。羽ありが巣から飛び立っていくシーンが天上を目指しているように思えて、虹色の蜃気楼が立ちこめているような不思議な雰囲気がとても印象的でした。一年前に作者の馬場喜敬さんの「博物誌」という本を古本屋で見つけて、家に帰ってから幼稚園の時に読んだ「くろおおありのくろ」の作者と同一人物であることに気づき、人間の好みというものはこんなに小さい頃から変わらないのだと少々驚きました。私が虫を好きになったのはこの絵本がきっかけのような気がします。

投稿: magnoria | 2006/03/14 22時26分

幼稚園の夏休み前に配布されたのがこの本だったかと思います。カブトムシたちと一緒に木のみつをなめるシーンを見て「おいしそう!」と思ったものです。
清涼感あふれる絵も、夏の朝方や夕暮れに吹く涼しい風を思い起こさせてくれました。

投稿: としさん | 2006/03/13 22時00分

コメントを書く