« 1971(昭和46)年度にあったこと | トップページ | 1972年 »

2005/10/20

「12のつき」と「森は生きている」   内田莉莎子

(このエッセイは「こどものとも年中向き」1989年3月号の折込付録に掲載されたものの再録です)

 久しぶりに『12のつきのおくりもの』を手にした。この絵本ができてからもう18年もたっている。だが丸木俊さんの絵はいま見ても新鮮でとてもすてきだ。
 物語はいたって単純、きわめて素朴。気だてのやさしい働きものの娘が、根性のまがったまま母とそのつれ子のいじめを、12の月の精の助けで切りぬけ幸せになるというごくふつうの昔話である。しかし実に色彩にあふれ、しかもしぜんに音楽がきこえてくるような物語なのだ。ま冬の雪深い森。その奥に燃えさかるたき火。それをかこむ1月から12月の月の精は、春の美しい若者たちから冬の老人まで。そして娘の願いが聞きとどけられてま冬の森は三たび雪がとけて、春になり、夏になり、秋になり、またきびしい冬にもどる。その時どきの色どりになるすみれ、いちご、りんご。そして数々の難儀をのりこえた娘は、春がくるといちばん若い3月のような若者と結婚するのだ。まさにミュージカルにぴったりのお話である。マルシャークの不朽の名戯曲「森は生きている」は、この民話をもとに書かれたのである。

 日本での「森は生きている」の初演当時、私は働いていた幼稚園の子どもたちといっしょに見にいった。子どもたちも大人たちもそろって感動し興奮した。クリスマスに幼稚園版「森は生きている」を上演してしまったほどである。もう30数年昔のことだが、「森は生きている」はその後「俳優座」から「劇団仲間」にうけつがれ毎年上演されている。
 『12のつきのおくりもの』を読んでくれた子どもたちにぜひ「森は生きている」の舞台を見せてあげたい。林光さんの作曲した12つきのたき火の歌を聞かせたい。12の月がたき火をかこんだように、ぐるっと輪になって思いっきり元気よくたき火の歌を歌ってほしい。30数年前のあの子どもたちのように。思い出と思い出がかさなりあって、思わずそんな気持がこみあげてきた。

注記
* 『12のつきのおくりもの』は「こどものともセレクション」の1冊として2006年1月中旬に復刊されました。
* 『森は生きている』(マルシャーク作 湯浅芳子訳)は岩波書店より岩波少年文庫の1冊として刊行されています。
* 「森は生きている」の本邦初演は、劇団俳優座により1954年5月俳優座劇場でおこなわれました。(演出/青山杉作 出演/岩崎加根子、永井智雄、滝田裕介他)

内田莉莎子(うちだ りさこ)(1928−1997)
東京に生まれた。早稲田大学露文科卒業。1964年、ポーランドに留学。ロシアや東欧を中心に数々の海外児童文学・昔話・絵本を翻訳・紹介。主な訳書に『おおきなかぶ』『てぶくろ』『マーシャとくま』『しずくのぼうけん』『もぐらとじどうしゃ』『りんごのき』、『ロシアの昔話』(以上、福音館書店)など多数ある。

10月 20, 2005 エッセイ1971年 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「12のつき」と「森は生きている」   内田莉莎子:

コメント

コメントを書く