« ぴぴとみみ | トップページ | たろうのともだち »

2005/09/16

あかちゃんのはなし

1967年5月号
030134

与田凖一 さく 吉井 忠 え

お父さんがひろぼうに、アルバムの古い写真を見せながら、おじいさんが赤ちゃんだった時のことを、話してくれました。鶴のくる里で生まれ、生まれて七日目につるおと名付けられたこと。お宮参りのこと。初節句に大きな鯉のぼりをあげ、しょうぶ湯をわかし、元気な子になるようにとみんなが願ったこと……。赤ちゃんの出生と成長を祝う昔ながらの風習を、季節を追って描いています。

「こどものとも」134号
26×19cm 28ページ 当時の定価100円

9月 16, 2005 1967年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あかちゃんのはなし:

コメント

コメントを書く