« ふしぎなえ | トップページ | うみをわたったしろうさぎ »

2005/09/16

プンク マインチャ

1968年2月号
030143

ネパール民話 大塚勇三 再話 秋野亥左牟 画

継母に虐げられていた素直で優しいプンクが、山の牧場でおなかをすかして働いていると、キツネの頭とヤギの頭を合わせもつ不思議なヤギ、ドーン・チョーレチャが食べ物を出してくれました。それを知った継母はドーンを殺して食べてしまいます。プンクがその骨を集めて山の牧場に埋めると、そこから、おいしいまんじゅうがたくさんなる大きな木が生えてきました。そこに鬼の夫婦がやってきて……。ネパールの民話を力強く大胆に美しい絵で描きます。

「こどものとも」143号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1992年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されて、現在も販売されています。
秋野亥左牟さんは、この絵本で1969年に第2回ブラティスラヴァ世界絵本原画展(BIB)金牌を受賞しました。

9月 16, 2005 1967年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プンク マインチャ:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。