« あかちゃんのはなし | トップページ | 福音館書店から(第12回) »

2005/09/16

たろうのともだち

1967年4月号
030133

村山桂子 さく 堀内誠一 え

こおろぎが散歩していると、ひよこに会いました。ひよこはこおろぎを家来にしてしまいます。歩いていくと、こんどはねこが、ひよことこおろぎを家来にして……。最後に会ったたろうは「けらいなんていやだ。みんなともだちになったら」。そこで、みんな「ともだちだあ。なかよしだあ」。犬もねこも、ひよこもこおろぎも、たったか、たったか……。70号の絵を描き直した新版です。

「こどものとも」133号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1977年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行されて、現在も販売されています。

9月 16, 2005 1967年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たろうのともだち:

» 『たろうのともだち』 トラックバック 親子で読む絵本 〜読み聞かせ日記〜
『たろうのともだち』 「いやだ」と言える勇気を教えてくれる絵本です。 Yukiの評価: 星4つ ★★★★☆ あらすじ ある日、庭を散... [続きを読む]

受信: 2006/03/18 12:56:53

コメント

コメントを書く