« つきをいる | トップページ | あふりかのたいこ »

2005/08/05

かばくん

1962年9月号
030078

岸田衿子 作 中谷千代子 画

動物園に朝がきた。おきてくれ かばくん。——動物園にやってきたかめくんは、かばくん親子と水の中で遊びます。きょうは日曜日、子どもたちがたくさんやってきました。かばくんはキャベツをまるごと大きな口で食べ、ちびのかばくんとお昼寝します。やがて動物園に夜がきて……。動物園のかばの一日を簡潔な詩的な言葉と美しい絵で描いた絵本です。

「こどものとも」78号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1966年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

8月 5, 2005 1962年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かばくん:

» 昨晩の本は・・・ トラックバック バンザイ
我が家では、まだまだ、ペンギンブームは、続いています。 そのとき、借りた本、『ペンギンの本』は、 大活躍しています。 ↓ ペンギンの本講談社このアイテムの詳細... [続きを読む]

受信: 2005/11/17 9:44:57

» 「かばくん」 トラックバック 本を読んだり…
図書館で借りてきた。 かばくん岸田 衿子作 / 中谷 千代子画福音館書店\780 なぜか、かばは子供にうける。 「かばくん」には「かばのこ」も... [続きを読む]

受信: 2005/11/17 17:40:04

コメント

うちにあるのは1980年4月発行の普及版「こどものとも」です。
子どもたちとよく読みました。
1ページ
「どうぶつえんに あさが きた
 いちばん はやおきは だーれ
 いちばん ねぼすけは だーれ」
ねぼすけは だーれ のあとに絶妙のタイミングで、兄妹の誰彼、あるいは「とうさん!」が入ったものでした。

 きた きた きた きた
 きた きた きた きた
  くつした はいてる
  すかーと はいてる
  はんずぼん はいてる
  げたの こも いる

動物園へ来た子どもたちの足ばかり。
見ているのは、かばと、かばのこと、かめのこ。
このページを読むときは、最後の一行「げたの こも いる」
は少しトーンを落として読んだっけ。

そんな日々から20年近く経ったある日、ご近所の母子に書店の絵本売り場で一緒になりました。普段は会釈程度のつきあい。お嬢さんのお名前すら知らないくらい。でもつい「かばくん」を薦めてしまいました。その子ももう小学2年生かな?

「かばくん」いつまでも読み嗣がれてください。

投稿: いちねんせい | 2005/08/17 10時58分

コメントを書く