« 『ぐりとぐら』を描いた頃のこと   山脇百合子 | トップページ | きんいろのつののしか »

2005/08/26

まいごのちろ

1965年3月号
030108

中谷千代子 さく・え

犬のちろは、トラックの荷台に乗せられて、かっちゃんたちの買い物についていくことになりました。ところが横断歩道の前で車が止まった時、ちろは荷台から降りてしまい、迷子になってしまいました。自動車をよけたり、歩道橋をのぼったり、ちろはだんだん心細くなってきましたが、出会った犬に聞いて、やっと見覚えのある通りに……。『かばくん』の画家の創作絵本。

「こどものとも」108号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

8月 26, 2005 1964年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まいごのちろ:

コメント

コメントを書く