« だいくとおにろく | トップページ | かもときつね »

2005/08/05

おおきなかぶ

1962年5月号
030074

ロシア民話 内田莉莎子 訳 佐藤忠良 画

おじいさんが、かぶをうえました。やがてとてつもなく大きく育ったかぶは、どうしても抜くことができません。おじいさんはおばあさんをよんで、いっしょに引っ張りましたが、それでもかぶはぬけません。こんどは孫をよび、次は犬をよび、猫をよび、「うんとこしょ どっこいしょ!」。それでもかぶはぬけません。ついにはねずみもよんで……。おおらかで力強いロシアの昔話の絵本。

「こどものとも」74号
19×26cm 28ページ 当時の定価100円

この絵本は1966年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。

8月 5, 2005 1962年「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おおきなかぶ:

» こどものとも50周年記念ブログ トラックバック TOMTOMの日常
今日、ネットサーフィンしていたら、 「こどものとも50周年記念ブログ」にたどり着 [続きを読む]

受信: 2005/08/25 20:15:19

» 「おおきなかぶ」 トラックバック 本を読んだり…
おおきなかぶ―ロシア民話 次男の大好きな絵本。 おおきなかぶをみんなで引っ張る掛け声に夢中。 「うんとこしょ、どっこいしょ。まだまだかぶはぬけませ... [続きを読む]

受信: 2006/03/16 14:34:44

コメント

コメントを書く