« 物語絵本の展望を開く   松居 直 | トップページ | みつこちゃんのむら »

2005/07/29

うちゅうの 7にんきょうだい

1962年3月号
030072

三好碩也 作・画

暗い宇宙の片隅に住む7人きょうだいが、もっと明るくにぎやかなところに行きたいと思い、ほうき星のばあさんにたずねました。お日さまの方にある地球がいいと聞き、7人は旅立ちます。途中には氷砂糖でできた星や、宝石の輪が付いた星などあって、そのたびにきょうだいは一人二人と減り、最後に地球にたどり着いたのは泣き虫の女の子、お月様だけでした。宇宙を舞台にしたゆかいな絵本。

「こどものとも」72号
19×26cm 20ページ 当時の定価50円

7月 29, 2005 「こどものとも」バックナンバー1961年 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うちゅうの 7にんきょうだい:

コメント

コメントを書く