« ぴかくん めをまわす | トップページ | 1960 (昭和35)年度にあったこと »

2005/07/22

福音館書店から(第5回)

 さて今週は第5回目、創刊から5年目の紹介になります。この年になると皆さんご存知の絵本がたくさん登場してきます。でも、それぞれの本の紹介にくわしく書いたとおり、現在「こどものとも傑作集」で見られる形とは、結構ちがっています。表紙を比べるだけでも絵柄が左右逆になっていたりしますから、リンクをはってある本も、どうぞご覧になってみてください。

 ところで、学校はもう夏休み、皆さん旅行や行楽の計画がおありのことと思いますが、今、各地で絵本の原画展も行われています。「こどものとも」の関係でも、佐藤忠良さんの『おおきなかぶ』は滋賀県守山市、片山健さんの『ゆうちゃんのみきさーしゃ』『もりのおばけ』『おなかのすくさんぽ』は長野県諏訪郡の八ヶ岳の山麓で、さとうわきこさんの「ばばばあちゃん」シリーズは長野県岡谷市で、それぞれ、原画を見ることができます。くわしくはイベントのページをご覧ください。

7月 22, 2005 福音館からのお知らせ |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福音館書店から(第5回):

コメント

コメントを書く