« オンロックがやってくる | トップページ | いちごつみ »

2005/07/29

七ひきのこやぎ

1961年5月号
030062

グリム 作 瀬田貞二 訳 山田三郎 画

お母さんやぎは、森に出かける前、七ひきのこやぎに、おおかみに気をつけるようにいいました。「しゃがれごえと黒い足で、おおかみはすぐにわかるよ」と。でも、やってきたおおかみは、白墨を食べて声をきれいにし、前足に小麦粉をつけて、こやぎをだまして戸を開けさせると、六ぴきを次々食べてしまいました。おなじみのグリムの昔話の絵本。

「こどものとも」62号
26×19cm 20ページ 当時の定価50円

このグリムの昔話は、フェリクス・ホフマンの絵のものが『おおかみと七ひきのこやぎ』(瀬田貞二訳)として「世界傑作絵本シリーズ」で1967年に刊行され、現在も販売されています。

7月 29, 2005 「こどものとも」バックナンバー1961年 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七ひきのこやぎ:

コメント

コメントを書く