« だむの おじさんたち | トップページ | おなかの かわ »

2005/07/07

くろうま ブランキー

1958年12月号
030033

伊東三郎 訳 堀内誠一 画

黒馬のブランキーは、主人の家をつくるために一生懸命働いても、小屋も作ってもらえません。やがて年とったブランキーは、主人に力いっぱいたたかれて、道に倒れてしまいます。その晩、サンタクロースが天からおりてきて、しずかにその首をなでると……。フランスのフレネ学校の共同創作を原作とした、静かなクリスマス絵本。絵本作家堀内誠一のデビュー作です。

「こどものとも」33号
26×19cm 20ページ 当時の定価40円

この絵本は1967年に「こどものとも傑作集」の1冊として刊行され、現在も販売されています。(傑作集版では、本文横組み、左開きに変更されています)

7月 7, 2005 「こどものとも」バックナンバー1958年 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くろうま ブランキー:

» くろうまブランキー こどものとも50周年記念復刻版より トラックバック 子供と、遊び♪
くろうまブランキー  伊東三郎:訳  堀内誠一:画くろうまのブランキーの「細さ」が悲しいです。どんなに辛く当られても、けなげに働くブランキー。本当にかわいそうで... [続きを読む]

受信: 2006/03/16 12:27:00

コメント

コメントを書く