« ぞうのたまごの たまごやき | トップページ | セロひきのゴーシュ »

2005/06/16

おうさましかのものがたり

1956年6月号
030003

シートン 原作 内山賢次 訳 関 英雄 案 松下紀久雄 画

ある日、猟師のヤンは山で立派なシカを見つけます。それがサンド・ヒルの王様シカだと知ってからは、何日も何日もシカをさがして森を歩きまわりました。やっとのことでシカに追いつきましたが、シカの優しい目を見ると、鉄砲を撃てません……。シートン動物記のお話をもとにした絵本です。

「こどものとも」3号
26×19cm  16ページ 当時の定価30円

シートンの原作の完訳は『どこまでもつづく雄ジカの足あと サンドヒル・スタッグ−−シートン動物記4』をご覧ください。こちらにはシートン自身のさし絵がついています。

6月 16, 2005 「こどものとも」バックナンバー1956年 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おうさましかのものがたり:

» おうさましかのものがたり こどものとも50周年記念復刻版より トラックバック 子供と、遊び:2000年生まれです
おうさましかのものがたり シートン:原作 内山賢次:訳 関英雄:案 松下紀久雄:画シートン原作ってところに非常に心引かれました。主人公のヤンとおうさましか(王様... [続きを読む]

受信: 2006/02/15 11:33:13

コメント

コメントを書く