« なんきょくへいった しろ | トップページ | おうさましかのものがたり »

2005/06/16

ぞうのたまごの たまごやき

1956年7月号
030004

寺村輝夫 作 山中春雄 画

卵焼きの大好きな王様は、国じゅうの人をよんで卵焼きをごちそうするために、ゾウの卵をさがしにいかせることにしました。大きなフライパンとかまども用意ができて、大臣のわんさんはけらいをつれてゾウの卵をさがしにいきましたが……。寺村輝雄の王様シリーズの最初の作品です。

「こどものとも」4号
26×19cm 16ページ 当時の定価30円

このお話に長新太が絵をつけた大判の絵本が1984年に刊行され、現在も販売されています。

6月 16, 2005 「こどものとも」バックナンバー1956年 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぞうのたまごの たまごやき:

» おしゃべりなたまごやき ★★★★★ トラックバック 子供と一緒に  読書ときどき映画
おしゃべりなたまごやき寺村 輝夫(作 長 新太(絵 みみちゃんが図書館で初めて自分で選んだ本です まだ、自分で字も読めないし、 結構文章も長いので、 か... [続きを読む]

受信: 2006/01/11 10:03:00

» ぞうのたまごのたまごやき こどものとも50周年記念復刻版より トラックバック 子供と、遊び:2000年生まれです
ぞうのたまごのたまごやき 寺村輝夫:作 山中春雄:画こちらは、絵が長新太さんのものですが・・・。ぞうのたまごのたまごやき最初に・・・。実は、これ、題名からして、... [続きを読む]

受信: 2006/02/15 11:32:12

コメント

これが最初の「王さま」の本だったんですね・・・!
なんだかカンゲキ。(^^)

このさし絵は、初めて見ました。王さまではなく、「こども」が表紙になっているのが、キョウミぶかいですね。

投稿: 本棚の魔女 | 2005/07/06 22時08分

コメントを書く