« セロひきのゴーシュ | トップページ | 福音館書店から(第1回) »

2005/06/16

ビップとちょうちょう

1956年4月号
030001

与田凖一 作 堀 文子 画

ビップぼうやは蝶々をさがして、水の坊やに教わり、つくしの坊やに教わりながら、うつくしがはらにやってきました。そこには蝶がいっぱい。ビップは蝶を捕まえますが、蝶はぐったり動かなくなりました。ビップの心臓は「どっきん」と鳴り、空も薄暗くなりました……。子どもの感情の経験をリズム感ゆたかなお話で展開する絵本。

「こどものとも」創刊号
26×19cm  16ページ 当時の定価30円

6月 16, 2005 1956年, 「こどものとも」バックナンバー |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201088/15182957

この記事へのトラックバック一覧です: ビップとちょうちょう:

» 「画業70年 自然と共に生きて 堀文子展」 トラックバック ちょっと絵えほん♪
前回の記事に続き、今日紹介する方もまもなく90歳で現役の画家としてご活躍中の方です。堀文子氏、1918年生まれ。わたしが堀さんのことを知ったのは5年ほど前、月刊 [続きを読む]

受信: 2007/10/16 23:46:14

コメント

1954年生まれの私が多分初めて親に買ってもらった本です。当時共働きでお世話になっていた保育園を通じて、購入していたものです。まだあまり物のなかった時代だと思うのですが、絵本だけはとてもたくさん買ってもらっていました。この本を読んでもらって、『ちょうちょうさーん、ちょうちょうさーん』とまねをしていたそうです。おかげで孫もいる年になりましたが、絵本・童話は今でも自分で購入し、孫たちと一緒に読んでいます。創刊号から2年ぐらい購入していたと思うのですが、本によってはばらばらになってしまい、読めないもののあるのですが、今でも私の宝物です。

投稿: 川瀬 美季 | 2010/01/03 15時14分

コメントを書く





絵文字を挿入